水を食べる

高齢者に多く見られる症状の1つに、慢性的な体内の水不足が有ります。

人体には、およそ7割の水分が体内に存在しています。

歳を重ねていくにつれて、その割合は徐々に減っていきます。

女性の肌年齢をチェックするのも、肌の保水率になります。

老化現象とは、体内から水分が抜けていくことを指します。

若々しく見られる人達は、総じて肉体の含水率が高い人達になります。

高齢者の多くが水不足になっている大きな原因の1つに、「教育」があります。

40年くらい前には、どんなに汗を掻いても、喉が渇いても、水は飲ませない教育が有りました。

今の時代では、水分補給はこまめにする事が当たり前ですので、現代人の多くは水分補給の心得は持っているようです。

しかし、人のクセとは「生活習慣」と同じですので、若い時分に付いたクセの改善は、なかなか直すのは難しいものです。

一般的に水分を摂りましょうと云われても、せいぜい「お茶」や「コーヒー」などの水分で摂取する方が多いようです。

お茶やコーヒーを否定する訳では有りませんが、体内の含水率を高める為には、もっと別な形の方が効率が良いように思います。

私が常にご提案しているのは、味噌汁などの汁物の回数を増やす事や、旬な果物や野菜やフレッシュジュースや健康ジュースなどを活用して、「水を食べる」と云う事です。

夏なら「スイカ」などの、水の塊のような野菜が最も効果が高いようです。

しかし、断然オススメな食品は、「お味噌汁」です。

毎食のお味噌汁は、健康寿命を延ばす為には、必須の食事になります。

出来るだけ出汁を取って、手間暇掛けて調理してみてください。

海のスープや山のスープを織り交ぜて、作ってみてください。

お味噌汁ですべてが解決する訳では有りませんが、健康の土台となる礎にはなりますので、どうぞ存分に味噌汁などを活用して、水を多く食べるようにしてみてください。