高齢者の医療費

70歳未満の患者負担割合は、現行では3割です。

これが一般的な所得の方なら70歳から74歳は原則2割負担で、75歳以上は1割となります。

但し、70歳以上でも現役世代並みの所得がある人は、3割負担となります。

現役世代並みの所得というのは、世帯に課税所得者が145万以上の人が居て、なお且つ単身では年収383万円以上、世帯では年収の合計が520万円以上などの場合になります。

70歳以上の1人当たりの年間医療費(2015年度)は約84万円になっていて、70歳未満と比べて4倍以上の差が有ります。

75歳以上では約92万9千円かかっていますので、患者負担が3割と2割や1割では大きく違います。

今後益々高齢者の人口比率が上がってきていますので、医療費の高騰を避ける事は出来ません。

医療費の負担比率は、細分化されて上がることは間違い有りません。

加齢によって病気がちになることはやむを得ませんが、だからといってこのままだと日本は医療費だけで潰れてしまいます。

出来るだけ元気な高齢者を多くしていく事が、解決策です。

病気にならないように、「予防」が一番大切です。

健康寿命を延ばす事が、何よりも社会貢献になります。

健康になるためには、それぞれに合った適切な方法で行動することが最も重要です。

私達の会社では、その健康活動を広める活動を地道にしております。