死ねない時代

これからの時代は益々便利な世の中になって、50年前にはなかったような物が隅々にまで行き渡って、この先の技術の革新はどこまで行くのか分からないくらいです。

特に人工知能やコンピューターや医療やバイオテクノロジーなど、きっと50年先には普通にアンドロイドが一家に何体かは存在している事も夢では無さそうです。

しかし、どんなに時代が変化していっても、人体の構造自体はあまり変わらないのではないでしょうか。

逆に不自然な状態に置かれた人間は、適応できる者と適応できない者の差がはっきりと分けられる時代に突入していくかもしれません。

知能がいくら向上しても、置き去りにされた心はドンドン疲弊してしまいます。

便利な世の中で肉体を使わないでいると、肉体もまた退化していきます。

こんな時代だからこそ、毎日肉体訓練を施す必要性が出てくるのです。

人間は誰もがいつかは、「死」を迎えます。

「生老病死」のごとく、老いていって、病気になって、死期がくるわけです。

昔の人は、ケガや事故や戦(いくさ)やはやり病などで、簡単に死んでいました。

現代のような救急医療や誰もが受けられる病院が、全国に有る世の中ですと、助けられる命は多くなりました。

日本人の平均寿命が延びた一番の要因は、70年もの間戦争の無い平和な国であった事です。

これは、一番有難いことです。

これから先の世の中では、もっと多くの命が救えるはずです。

しかし、これからの時代はなかなか死ぬのが難しい時代になっていきます。

今までの経験や概念では考えられないほど、長く生かされます。

寿命が本当に無くなる最期の日まで、自分の意思で活動出来るように人生を全うしたいものです。

健康寿命を延ばすと云うのは、寿命自体を延ばす事では無く、自分の意思で生きる時間を多くすると云う事です。

命を燃やし続けて、今日というかけがえのない素晴らしい1日を過ごしてください。

 

 

 

 

 

 

肉体は借り物

意外と忘れがちな事ですが、自分の肉体が自分自身では有りません。

肉体は自分が所有はしていますが、あなたの一部でしかありません。

例えるなら、車を運転してドライブしているのと同じで、運転しているのはあなたですが、車があなたでは無いのと同じような感じです。

健康寿命を延ばしていくためにはとても重要な事で、肉体が借り物であるなら、特に注意して大切に扱う必要が出てくるからです。

あなたがこの世に産まれて来る為には、肉体という入れ物(着ぐるみみたいな感じ)が必要となります。

その肉体が決まったら、気合(魂)を入れてこの世に誕生する訳です。

この世では、様々な事を学んだり遊んだりして成長して、世界にあなたの情熱を発信していきます。

長くこの世に存在して活動するためには、乗り物であるその着ぐるみを大切に重宝していかなければなりません。

肉体の寿命こそが、この世にいられる「時間の尺度」となります。

人間の肉体は、とても精巧に作られていますが、その反面弱くて脆いのです。

毎日ピカピカに磨いて、出来るだけ長持ちしていけるように、メンテナンスが必要です。

機械で出来たロボットなら修理や交換が出来ますが、生身の肉体では交換や修理はあまりお勧め出来ません。

創造主からお借りしている唯一無二の存在のあなたの肉体を出来るだけ大切に長く使って、最期は気持ち良くお返し出来るように、愛してみてください。

愛着あるあなたの肉体を、長く保たせる気持ちが、健康寿命を延ばしていくはじめの一歩になります。

 

 

正確な診断

皆さんそれぞれ歳を重ねていきます。

それだけは、誰もが平等な自然の摂理です。

どんなに見た目が健康そうに見えていても、有名なお医者さんでも、

スポーツを毎日実践している人でも、いつかは必ず病気になります。

最期までピカピカの肉体で居る人は、ほとんどいないのです。

もちろん、いろんな病気を持っていても健康な方は存在しています。

病気でない状態が健康では有りませんので、当たり前の考え方になります。

例えば、今まで病気になった事が無い方や、せいぜい風邪をひくくらいの方々は多いですし、その方々は自身の事を健康体だと思っていると思います。

しかし、ある日突然何かのキッカケで癌が見つかったとします。

見つかる前と後では、不思議な事にあっという間に病人になって、落ち込んで絶望感にさいなまれていきます。

でも、実際の肉体では数年前から癌の種は芽吹いていたはずです。

要するに、その人が気付いていないだけで、病気は進行していた。

もっと言えば、その人は数年前から病人だったという訳です。

自分自身や周りが、認知してからいきなり病気という事象になるという事です。

知らぬが仏と云うことわざが有りますが、知らないから健康で居るという事実もあります。

しかし、これからの時代は国や医療の発展や進歩によって、長く生きる事が可能な時代になりました。

長く生きれる事は良い事のようですが、病気になるリスクは加齢と共に上がり続けます。

これからの為には、必ず何かの病気になる事を覚悟して、出来るだけ①早期に発見することが重要になります。

早期に発見したら、次に②正確な診断が重要な事になります。

正確な診断が出来れば、それに③適した処置が受けることが可能となります。

この①②③をくれぐれも忘れないように、明るい未来に向かって歩みを進めてください。

 

 

 

 

命の水

普段の生活ではあまり感じないかもしれませんが、「空気」と「水」の存在は私達にとっては無くてはならない物質です。

長時間の登山やフルマラソンなどの肉体を酷使された経験者には理解されると思いますが、何よりも「水」が一番美味しいです。

飲んだ瞬間から、細胞の隅々まで浸透していくような感じが有ります。

水には硬水や軟水の違いがあって、その土地のミネラルの成分によってそれぞれ違います。

女性の美容の肌年齢を測定する際にも、肌の保水率を調べている訳です。

若ければ若いほど、保水率は高くみずみずしい肌になります。

しかし、加齢に伴って身体の保水率自体も低下していきます。

保水率が低下していく過程を、老化現象と云います。

歳を重ねていく事は仕方有りませんが、保水率を維持するためにはとにかく毎日こまめに水分補給をしておくという事に尽きます。

水の飲み方については、賛否両論ございます。

「出来るだけ沢山飲むべき」と「あまり飲んではいけない」の両極端な意見もございます。

まずは、出した分は補給しておくということになります。

成人の1日に排出される水分量は約1.5ℓ~2.5ℓなので、それ位が1日の目安量になると思います。

高齢になればなるほど喉が渇きにくいので、意識的にこまめに水分補給が必要になります。

食事では、汁物を多くする工夫も必要です。

現在では、ミネラルウォーターや温泉水など多くの選択肢が有ります。

長年飲んでいる水が、細胞にとっては親水性もあって入りやすいです。

「空気」と「水」が合う合わないの言葉も有る通り、健康寿命を延ばす為にはとても大切な事となります。

生まれ育った環境は、どれだけ歳を重ねても変わる事は有りません。

自分の身体に合った、キレイな良いお水を毎日積極的にこまめに摂ることは、健康のはじめの一歩となります。

 

 

健康・未病・病気

人間の身体の状態を表す言葉として、「健康」と「未病」と「病気」の3つの状態が有ります。

多くの方は健康で生まれて、加齢に伴って未病の状態になり、病的な状態へと移行していきます。

正確に言えば、「健康」と「未病」と「病気」をシーソーゲームのように行ったり来たりしています。

どちら側に行って落ち着くかは、やはりその人の持つ運命次第ということでしょうか。

もちろん、大病をしていても健康貯金(若さ・気力・体力・免疫力)が有れば元の健康な状態に戻ることもあります。

「未病」の定義は、「病気ではないが、健康でも無い状態。自覚症状は無いが検査結果に異常が有る場合と、自覚症状は有るが検査結果に異常が無い場合に大別される。」と有ります。

病気の定義は存在しませんが、未病と病気の境界線があるとすると、医療機関の検査で異常が見つかり、病名が診断されて、お薬を処方されれば病気の状態になります。

一昔前までは、健康の状態か病気の状態なのかと云う2つしか有りませんでしたが、とても元気だった方がある日突然に死んでしまったり、いきなり大病を患うようになってからは、健康と病気の間には「未病」の状態が必ず存在していることが認知されてきました。

しかし、未だに元気な高齢者の中には、自分は大丈夫だという「過信」と「油断」を持っている方も多数いらっしゃいます。

今までの経験上、意外と弱々しくしている方ほど細心の注意を払って、健康管理を綿密に実行して、健康寿命を延ばしている方が多くいるのも事実です。

長く生きていれば、病気になるのは仕方が無い事です。

それは長く生きると云うことは、並大抵の努力では成し遂げられないからです。

若いうちには、苦労もしますし無理も沢山します。

戦争を経験して来たり、過酷な中で生活をして来たことでしょう。

どんな人にも、悩みやストレスも有ります。

ピカピカの身体で、死ぬ人はいないのです。

おそらく、肉体はボロボロの状態の方が多いはずです。

一番重要な事は、病気を「大病」にしない事です!

「大病」を「小病」に、「小病」を「無病」にして行く努力が最も重要な事なのです‼

その為には、自分の健康度合を測定する事を定期的に実行するしかありません。

例えば、身長・体重・ウエスト測定・血圧測定などは自分でも出来るはずです。

半年毎の血液検査や、1年毎の健康診断もしくは人間ドックは必須です。

その他必要に応じてガンの腫瘍マーカーの検査など、積極的に受診してください。

誰もが気持ちは歳をとりませんが、肉体は酷使されて劣化していきます。

ほとんどの病気は、自分自身の「過信」と「油断」から来ています。

出来るだけ健康な状態を維持するために、また大病にさせない為に、自分自身のお身体を十分に労わってあげてください。