健診・検診を使いこなす ①

現代医学の特徴は、測定にありと言っても過言ではないと思います。

体の内部は基より、身体のすみずみまで、さらには遺伝子や細胞レベルまで測定が可能になってきました。

しかし、それは測定を受診したから分かることで、受診をしなければ何も分かりません。

調べたら何か分かるから怖いと云うお気持ちは良く解りますが、知らないで手遅れになるよりはまだマシだと思います。

せめて、1年に一度は「血液検査」をオススメします。

 

★病気の予防・早期発見には健診を活用する

「健康診断(健診)」は、病気の予防と早期発見を目的として受けるものです。

もし検査で何らかの異常が見つかったとしても、すぐに治療を開始出来るメリットがあります。

つまり、ある日突然、病気で倒れる事態に陥るのを防ぐには、健診を受けて自分の体の状態をしっかりと把握しておくことが大切なのです。

★主な健診

①一般健診(定期健診):1年に1回定期的に受ける

②特定健診(メタボ健診):40~74歳が対象

➡メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を中心に、糖尿病や高血圧、脂質異常症などリスクの有無を検査

③がん検診

➡対策型:五大がん(胃がん、大腸がん、肺がん、乳癌、子宮頸がん)の早期発見の為の検査診断。

➡任意型:医療機関などが任意で行う検診

★検査には定期的に受けるものと任意のものがある

・職場などで年に1回実施される「一般健康診断」は、「定期健診」の代表的なものです。

・「特定健康診査(メタボ健診)」40~74歳の人を対象に、生活習慣病の予防と早期発見を目的として行われています。

対策型がん検診は、主に自治体が中心となって行っており、”五大がん”と呼ばれる胃がん、大腸がん、乳癌、

子宮頸がん、の早期発見を目的とした検査です。

「人間ドック」は個人の意思で受ける健診で、定期健診よりもさらに詳しく、がん検診も含めた検査を受けられ

ます。

健診で行う主な検査項目

①身体測定→身長、体重、腹囲の測定、BMIの算出により肥満や痩せの状態をみる

②血圧測定→収縮期血圧(最大血圧)、拡張期血圧(最小血圧)の測定により高血圧・低血圧の測定をする

③血液検査→赤血球や白血球の血球数、ヘモグロビンなどの血液一般検査のほか、糖代謝、脂質代謝、肝機能、

尿酸代謝、腎機能などを調べる

④尿検査→尿たんぱくにより腎機能を、尿糖により糖代謝を調べる

⑤便検査→便潜血反応検査により消化管の状態を調べる

⑥エックス線検査→胸部エックス線検査では肺と心臓を、胃部エックス線検査では食道・胃・十二指腸を調べる

⑦超音波検査→腹部の超音波(エコー)検査により肝臓、胆のう、膵臓、腎臓などを調べる

⑧心電図検査→安静時心電図検査により心臓の状態を調べる

★病気の可能性があるかわかる

自覚症状がなく、本人が気付かないうちに何らかの病気が起こり始めている場合でも、検査を受ければ早期に発見できる確率が高くなります。

★血液検査から血管の傷付き具合もわかる

・検診では各種の血液検査が行われますが、血液からわかる体の情報は多岐にわたります。

・血液の状態を調べると全身の血管の健康状態を推測することも可能です。

★血液検査から肝機能の状態を確認する

・肝臓は別名を「沈黙の臓器」といい、何らかの異常があっても症状が現れにくい特徴があるため、異常を見つけ

るには、血液検査が欠かせません。

・B型肝炎やC型肝炎などの肝炎ウイルスに感染しているかどうかも血液検査で調べます。

コレステロール値などから冠動脈疾患のリスクがわかる

血液中の糖や中性脂肪、コレステロールが多過ぎるとやはり動脈硬化が進行して血管が狭くなったり、部分的に詰まったりします。

すると、冠動脈疾患の狭心症心筋梗塞をはじめ、脳梗塞脳出血などの脳血管疾患といった重大な病気のリスクが高くなります。

このように血液の性状によって血管の傷付き具合や、さらにはそれによって引き起こされる病気も予測することができるのです。

健診の結果を受け取り、再検査および精密検査を指示されたときは必ず検査を受けましょう

 

以上で、第6章 健診・検診を使いこなす 前半部分を終了します。

日本健康マスター検定の公式テキスト NHK出版より要点のみ抜粋して記載しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

睡眠と心の健康 ③

便利な世の中になって、高度な文明を持ったが故の病気が「心の病気」です。

情報が氾濫して、様々な知識を駆使して生活して行く現在の日本では、脳内知識は膨大に蓄積されても心は昔のままなのかもしれません。

高度文明の進化のスピードや、瞬時に移動可能な交通手段や携帯電話などの連絡ツールなど、50年前には想像できなかった、とてつもなく便利な世界が広がっています。

健康の分野の最新情報も、元気で長生き出来るように上手に活用していきたいものです。

 

★心の病気の中で、潜在的な患者数が最も多い「不安症」

「不安症」➡必要以上に不安や恐怖感が高じてしまい、日常生活にも支障をきたす状態。

不安症とはいくつかの病気の総称で、代表的な病気に「パニック症」「社交不安症」があります。

★”性格のせい”と思い込まずに、適切な治療を受けることが大切

不安症は心の病気の1つで、治療によって症状が改善するものだと理解することが大切です。

不安症を放っておくと、アルコール依存症やうつ病などにつながることもあります。

★仕事上のストレスや過労が発症のきっかけになる

WHOの調査によると、日本人の健康寿命を脅かす病気のうち、うつ病は、脳血管疾患、認知症に次ぐ第3位であることが分かりました。

自殺の原因になることもあり、命に関わる重大な病気です。

働き盛りのうつ病では、仕事上のストレスをきっかけにして発症するケースが多くみられます。

「気分の落ち込み(抑うつ気分)」「何事にも興味がもてず、楽しいはずのことが楽しめない(興味・喜びの喪失)」のうちどちらか1つでも、多少の波はあっても2週間以上、毎日続くようなら、医療機関を受診することが勧められます。

休職して治療に専念することが、回復の道になることも

うつ病と診断された場合、症状が落ち着くまでには、最短でも2~3ヶ月間、長ければ1~2年間かかることもあります。

うつ病の患者さんのなかには、自分を責めて、会社を辞めるという決断をする人もいます。

その後の人生に大きな影響を及ぼす可能性があるので、うつ病の症状が現れている状態で大きな決断をしないよう、上司や同僚からもアドバイスすることが大切です。

復職は焦らず慎重に

症状が改善しても、すぐに職場に復帰すると、再び症状が悪化するおそれがあります。

復職する前に、1日の生活のリズムを取り戻す訓練を行うことが大切です。

産後は10%の女性がうつ病を発症する

産後2~3週間目ごろから1年くらいの間に発症するうつ病を、産後うつ病(産褥期うつ病)といいます。

決して珍しい病気ではなく、産後の女性のおよそ10.3%にみられるとされています。

マタニティ・ブルーズ

・発症期間➡産後すぐから、10日くらい

・発症率➡30~50%

・経過と対処➡長くても1週間程度で自然に回復

②産後うつ病

・発症時期➡産後2,3週間以降~1年ぐらい

・発症率➡約10%

・経過と対処➡対処や治療が必要

子供とのスキンシップが不足したり、適切なケアができなくなったりするため、子供の発育にとっても重大な影響を及ぼすのです。

産後うつ病の治療でまず大切なことは、十分な休養です。

★月経前にうつ病のような症状が現れることも

月経前に「イライラする」「気分が落ち込む」「頭痛」「腹痛」といった症状が現れる女性は少なくありません。

米国精神医学会の分類(DSM-5)では、このような月経に伴う症状が毎回現れて、それが日常生活に大きな支障を及ぼす場合を、月経前不快気分障害(PMDD)といううつ病の一種としています。

★高齢者は見逃されやすい

うつ病は、高齢者にも多くみられます。

特に、60~70代の女性に非常に多いことが分かっています。

高齢者にうつ病が起こりやすいということは、一般にはあまり知られていません。

「活気がなくなって引きこもりがちになる」「物事への興味がなくなる」といった症状は、アルツハイマー型認知症によく似ています

うつ病の場合は、もの忘れをする自分を責めるが、認知症の初期には、何か理由をつけて取り繕おうとします。

うつ病と認知症は、間違われやすいだけではなく、合併していることも少なくありません。

認知症の場合、10~20%がうつ病を合併しているというデータがあります。

高齢者のうつ病を予防したり、症状を軽減したりするには、趣味や家事などの”役割”を持つことが効果的です。

★職場のメンタルヘルス

労働者の心の病気を未然に防ぐために、2015年12月から、法律により労働者50人以上の事業所に対して「ストレスチェック制度」が義務付けられました。

ストレスチェックは、1年以内ごとに1回実施し、職業性ストレス簡易調査票(57項目の質問票)を使って、

「仕事のストレス要因」「心身のストレス反応」「周囲からのサポート」などの項目を、4段階で自己評価します。

★注意すべき兆候が見られたら、直ちに受診を促す

バブル崩壊後の1998年に急増して以来、14年間以上にわたって自殺者数は、年間3万人を超えていました。

ここ数年はやや減少傾向にありますが、それでも2万4,000人余りとなっています。

自殺による死亡者は、男性が女性の2倍も多く、40~60歳代に多いという傾向があります。

 

以上で、第5章 睡眠と心の健康の後半を終わります。

日本健康マスター検定の公式テキスト NHK出版より要点を抜粋して記載しております。