口の健康 ②

歯が丈夫だと身体も、比較的丈夫です。

むし歯になったり歯痛の時などは、残念ですが歯医者さんに行く方が賢明です。

むし歯予防には、やはり毎日の歯磨きやフロスや糸ようじなどで、プラークコントロールが重要になります。

やっぱり健康は、歯からです!

 

 

★早めに気付いて生活習慣を見直す

痛みを感じないからと、気付きにくい歯周病。

その進行を見逃さないためには、定期的に自己チェックすることも大切です。

歯周病の自己チェック

①歯肉に赤く腫れたところがある

口臭が気になる

③歯肉が痩せて下がってきた

歯間にものが詰まる

⑤歯磨きの時に出血する

⑥歯がグラグラする

⑦歯の周りから膿が出たことがある

⑧歯が浮く感じがある

※3~5つ当てはまれば赤信号 早目に歯科へ行くことをオススメします!

★生活習慣を見直すことも、歯周病の予防につながる

歯周病は生活習慣病の1つされています。

甘いものを好んで食べたり、食事が不規則になるといった生活習慣が、歯周病のリスクを高めるといわれているからです。

喫煙、口呼吸やストレスも歯周病を悪化させる危険性を高めます。

歯周病を予防するには、生活習慣を見直すことが大切です。

なかでも喫煙は、歯周病の最大の危険因子。

歯周病だけでなく全身的な健康のためにも、禁煙しましょう。

★歯周病のリスクを高める5つの生活習慣

甘いものを好んで食べる→砂糖がプラークの原因に。

口で呼吸する癖がある→口内が乾燥し、睡液の働きを低下させる。

ストレスが多い→ストレスによって免疫が低下する。

食事が不規則

たばこを吸う→血管が収縮し歯肉が硬くなるので、歯周病の症状に気付きにくくなり、治療しても非喫煙者より

        回復が遅い。         

歯周病は糖尿病を悪化させる

糖尿病によって、免疫の働きや傷を治す力が低下し、血管がもろくなってしまうため、歯周病も糖尿病の合併症と認識されています。

★歯周病と糖尿病の両方を改善するのがベスト

糖尿病を悪化させる原因となる歯周病は、その予防や治療によって、糖尿病自体の改善が期待できます。

実際に歯周病のある糖尿病患者さんに、歯磨き指導と歯石除去の治療を行ったところ、糖尿病の1つの指標でもある、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の数値の改善が見られたという研究データがあります。

 

以上で、第9章「口の健康」中盤を終了します。

日本健康マスター検定の公式テキスト NHK出版より要点を抜粋して記載しております。