アルツハイマー病のリスク要因

アミロイドβは、脳が活性化することで作られるため、完全にゼロにすることは出来ません。

つまり、排出させるしかありません。

アミロイドと呼ばれる老廃物の一種は、脳以外の全身でも作られているのですが、それらはリンパが張り巡らされていることによって除去されています。

近年の研究で、脳の場合には寝ている間にアミロイドβなどの老廃物を排出していることが分かってきました。

寝ている間に脳が縮んで隙間が出来ることにより、老廃物が脳脊髄液に染み出して排出されるのです。

つまり、脳は寝ている間に老廃物を排出して大掃除をしているのです。

睡眠時間を十分に確保することは、脳の老廃物であるアミロイドβを排出し、アルツハイマー病の発症を予防するためには、とても大切だと言えます。

反対に睡眠不足になると、アミロイドβの排出が十分に行われず蓄積していって、結果的にアルツハイマー型認知症になるリスクが高まってしまいます。

 

上記のコラムは、健康管理士の「ほすぴ」より抜粋しております。