定期的な血液検査

健康寿命を延ばす為には、「食事」と「運動」のバランスがとても重要な要素となります。

健康とは、個々人の相違が大きく左右される分野になります。

体格や体質や環境や血質や遺伝などの違いが有る為に、絶対的な物はほとんど存在しません。

これを食べれば身体に良いとか、この運動は身体に良いと云うのは最終的には個々人で違います。

それだけに、長生きをしている人やとにかく元気いっぱいな人の食生活や運動の仕方には、傍から見たら変わったことをしている事が多いのも事実です。

健康とは結果がすべてになりますので、それぞれに適合する食事や運動を実施して、それで健康寿命を延ばすことに繋がっていれば、極端な話し何でもOKになります。

食事や運動のバランスの状態を正確に判断する方法としては、定期的な血液検査がベストとなります。

赤血球の寿命が約120日と云われていますので、半年毎の定期的な血液検査にて血液の質や量を観察されると良いでしょう。

成人の場合には、維持することが重要な要素になりますので、それぞれの数値が過不足なく整っている状態が良いです。

異常値が出た場合には、早期発見早期治療にも繋がりますので、健康維持の為にも積極的に定期的な血液検査をお勧めします。