手入れを怠らない

動物で有る人体は、使わないと弱くなり、使い過ぎるとダメになります。

健康の基本は、①休養②栄養③運動④ストレス解消になります。

100歳まで生きる事の可能になった時代になりましたので、出来るだけ元気で長生きしたいものです。

100年間も動ける身体を保つには、日頃からの手入れが必要になります。

車を長持ちさせるのと同じように、エンジンのオイル交換や足回りのチェックや洗車やワックス塗布なども重要な要素です。

車の場合でも同じですが、飾っておくだけではいつかは動かなくなります。

出来るだけ定期的にエンジンを始動して、少しでも良いので運転して使うことです。

人間も動かなくなると、筋肉や筋や腱も硬くなっていきます。

出来るだけ柔軟性を保つことが重要な事ですが、年齢によっても丁度いい強度は人それぞれですが、常日頃より運動の習慣が有る方は特に気にしないで良いですが、運動の習慣が無い場合には無理は禁物です。

動ける身体にする為には、常日頃からの手入れがポイントになります。