癌を予防する

私達の肉体では、毎日多数(学説では約5000個~8000個)の癌細胞が出来ています。

免疫力が高いうちは自然に消去出来るのですが、何かしらの条件が整いますと少しずつ癌細胞が生育されます。

最近特に、高齢者の方々でも癌の罹患率が多くなっております。

80歳でも90歳でも関係なく癌になって、現代では適切に三大療法(手術・放射線・抗がん剤)がなされております。

癌にも罹りたくは無いですし、癌の治療もしたくはないのが人間の本心です。

それならば、癌の予防をするしか道はありません。

癌の予防をしていても、癌に罹らない保証はありません。

しかし何もしないのであれば現在2人に1人は癌に罹る時代ですので、後で後悔することにもなります。

具体的には個人差がありますが、とにかく健康に良い事は何でも試してみることに尽きます。

例えば、野菜スープにご縁が有った方はまずはそれを試してみることがはじめの一歩になります。

癌になる方は遺伝的な要素もありますが、やはり生活習慣の影響は計り知れません。

自分に合った健康習慣を身に付ける事が、最善の癌予防になります。