花粉症対策

花粉が飛び交う季節が、やって参りました。

花粉症の方々にとっては、大変苦しい時期です。

コロナ禍の中では、鼻水やくしゃみなどは紛らわしい動作になりますので肩身が狭くなります。

マスクの着用を常時していても、目や鼻がもぞもぞしてしまいます。

私も花粉症の症状が有りますので、辛さは良く理解出来ます。

私はある事をすることで、普通の方々よりは軽く済んでおります。

私のお勧めは、「鼻うがい」になります。

最近では、TVのCMなどでも鼻うがいが出ておりました。

ドラックストアなどで、「ハナノア」が売られております。

痛くならない鼻うがいのキャッチコピーで、販売されております。

私は「ハナノア」は使用していませんが、初心者の方には良い商品だと思います。

私の使用している「鼻うがい」は、ネティポットと云う容器に1グラムの塩を入れてぬるま湯で鼻を通していく方法です。

基本的に、入浴時に通年を通して行っています。

鼻腔に溜まった、「花粉」や「大気の汚れやゴミ」などを洗い流します。

根本的な花粉症の対策では有りませんが、鼻うがいはお勧めします。

 

 

 

身体からのサインを見逃さない

皮膚も1つの臓器になりますが、皮膚の疾患なども分かりやすい身体のサインの1つになります。

湿疹や口内炎や頭皮のフケなどが発生している方は、そこの患部だけに集中しがちですが実は身体は全て繋がっていますので、その他の器官も何かしら問題が有る場合があります。

皮膚疾患の場合は、栄養不足が挙げられます。

特にビタミンB群などの不足になりますが、過度なストレスや睡眠不足など生活習慣の乱れも原因にもなります。

基本的にはそのようなサインを発見された場合には、低下した身体の自己免疫力を出来るだけ回復するために、身体を横にして休養をすることをお勧めします。

いつもと同じように行動していると、本当の原因を見逃してしまう場合があります。

身体は常に適切に、サインを出しています。

 

癌を予防する

私達の肉体では、毎日多数(学説では約5000個~8000個)の癌細胞が出来ています。

免疫力が高いうちは自然に消去出来るのですが、何かしらの条件が整いますと少しずつ癌細胞が生育されます。

最近特に、高齢者の方々でも癌の罹患率が多くなっております。

80歳でも90歳でも関係なく癌になって、現代では適切に三大療法(手術・放射線・抗がん剤)がなされております。

癌にも罹りたくは無いですし、癌の治療もしたくはないのが人間の本心です。

それならば、癌の予防をするしか道はありません。

癌の予防をしていても、癌に罹らない保証はありません。

しかし何もしないのであれば現在2人に1人は癌に罹る時代ですので、後で後悔することにもなります。

具体的には個人差がありますが、とにかく健康に良い事は何でも試してみることに尽きます。

例えば、野菜スープにご縁が有った方はまずはそれを試してみることがはじめの一歩になります。

癌になる方は遺伝的な要素もありますが、やはり生活習慣の影響は計り知れません。

自分に合った健康習慣を身に付ける事が、最善の癌予防になります。

 

 

 

 

血液検査

健康状態を確認する有効な方法の1つに、血液検査が有ります。

今日食べたものが、「血」となり「肉」となり「骨」になります。

良い食べ物を食べることが基本になりますが、現代は稀にみる飽食の時代を迎えて様々な食べ物を摂取していますので、やはり一定の状態を保つのは難しいです。

そこで目安の1つになるのが、定期的な血液検査になります。

定期的な血液検査をしていくことで、栄養状態の過不足などを推測していきます。

3か月毎が目安になりますので、是非とも実践したい習慣の1つになります。

私自身は、成分献血を利用して大体1ヶ月毎に血液検査をして判断しています。

それとは別に、医療機関で半年毎の精密検査と1年1回の人間ドックをしております。

判断材料が有ると、先手先手の予防が可能になります。

血液検査で、思わぬ病気が見つかる事も珍しくはありません。

手遅れにならないように、是非とも血液検査は定期的に実行してください。

 

 

健康のまとめ

・生体に存在しないものは、必ず有害作用を生じさせ破綻をきたす可能性が高い。

・どんなに科学が進歩しても、生命だけは作れない。これはまさに神の領域だからであろう。

・生命体は、有機結合体。

・古来より人類は植物を生命活動の為に食べてきた。それ故に生命物無機元素体として摂取しても生命体には異物とならない。

・雑草や木は、人間が手入れをしなくても逞しく自分で生きている。人類にとって健康に大きな影響を与えてくれる。

・動物は、植物が存在していなければ生きていけません。

・野生植物は私達にとって、真の救世主である。

・健康を心掛ける者にとっては、化学物質の使用を出来る限り控えると共に、電子を上手に補給して常に溢れるくらい電子に満ちた身体にしておく事こそ究極の健康法と云える。

・活性酸素消去物質=スカベンジャー

・身体が有害な毒物でいっぱいになると、栄養素を吸収しにくくなり、免疫力が下がり身体の中に様々な別の微生物が入り込みやすくなるのです。