病気の原因は、悪玉活性酸素!

血液によって運ばれた酸素が、細胞内のミトコンドリアでエネルギーを担う分子ATPを作るまでに、数パーセントはそれ以外の物質を作るために使われてしまい、それが周囲に害を及ぼすのです。

このような代謝の際に派生した、反応性の強い酸素化合物は「活性酸素種」と呼ばれます。

活性酸素種はエネルギー代謝のほかに、様々な生体反応の際にも生成します。

生物にとって酸素は両刃の剣であり、酸素とともに生きるのは難しいのです。

活性酸素種にはざっと20種類があって、いろいろな生理作用を持つことが知られています。

それがうまく利用されている場合は善玉にもなりますが、反応性が強すぎたり、多量に生成しすぎたりして周囲の生体物質に害を及ぼす場合には悪玉になります。

★主な活性酸素

①スーパーオキシドイオン

➡最も多量に生成されるが、大部分は酵素SODによって除去される。反応性は低く体内で殺菌剤や信号伝達物質として働く

②ヒドロキシルラジカル

➡反応性は極めて高く、DNAを含むあらゆる生体物質を損傷し、疾患の原因となる。但し生成量は少なく寿命も短い。体内に除去酵素が存在しない。悪玉活性酸素

③過酸化水素

➡反応性は低いが、体中に存在していて信号伝達物質として働いています。細胞膜を透過することができて、細胞内の鉄イオンや銅イオンと反応してヒドロキシルラジカル(悪玉活性酸素)を作ります。

④一重項酸素

➡皮膚が紫外線を浴びることで生成し、皮膚細胞を痛める一方で、紫外線防御のためにメラニン細胞を増やす働きをする。

 

全ての活性酸素は酸化作用を持つので、要はその作用がどれほど大きいかという程度の問題なのです。

酸化作用が大きすぎると害をもたらすけれども、適度に小さければ逆に利用することが出来る。

むしろなくてはならない役割を果たしていることもあります。

酸化作用は、毒にも薬にもなるのです。

 

上記のコラムは、深井有著「水素分子はかなりすごい」から重要な項目を抜粋して記載しております。

エビデンスとは

エビデンスとは、証拠や根拠や証言や形跡などを意味します。

私達の会社の取り扱っている商品については、そのエビデンスがきちんと有る「本物」の商品を取り揃えています。

本物でなければ、予防にはならないと云う信念の基に商品の発掘にも取り組んでいます。

健康寿命を延ばす為には、元気で居る努力が必要な時代になっています。

飽食の時代で、食べるものや着るものには困らないですが、その分正しい知識を持って生きていく必要が有ります。

ただ生きているだけでは、健康は手に入りません。

自分に合った正しい食事や、自分に合った運動など、理想的な一日にしていく必要が有ります。

環境を整えることも重要です。

家族間のトラブルなど、身内で起こる出来事ほど厄介なことは有りません。

今後益々高齢者の割合は増加していきますが、その中で出来ることを地道にやっていくしかありません。

エビデンスのほとんどは動物実験によるものが多いですが、毎日の生活では昔のように身体を動かす事はほとんどありません。

まず、歩く歩数は圧倒的に昔の人にはかないません。

そんな中で、機会が有るごとに私自身は1日12時間以上の過酷な歩行訓練(山登り)などを通じて、弊社の健康食品を使用して肉体の変化の経過観察を行っています。

血液検査や肺活量や血圧や脈拍の動向など、まずは自分が出来る地道な活動を反映させています。

とにかく元気で長生きするためには、病気にならない身体を作る必要があります。

①自分で歩けること

②自分でご飯を食べれること

③自分でトイレに行けること

上記3つを最低限の目標に、毎日健康努力してください。

上の3つのうち1つでも不能になった場合には、自立した生活は出来なくなります。

 

 

 

認知症と嗅覚障害

認知症の代表的な症状である記憶障害は、記憶を司る「海馬」が萎縮することにより起こります。

日本人の認知症の中で最も多いアルツハイマー型認知症では、嗅神経と海馬の経路に障害が起きます。

そのため、記憶よりも先に嗅覚の低下が症状として現れるのです。

視覚や聴覚に比べて嗅覚の加齢変化はあまり知られていませんが、超高齢化社会が進む中で、嗅覚の重要性が注目されています。

65歳以上の約半数、80歳以上では約4分の3の人に嗅覚異常が生じていると云われています。

高齢者の中には、本人が気付いていないことも少なくありません。

これは脳の記憶が減退した嗅覚を補っているためで、この脳の記憶の機能が衰えると、におわないことをはっきりと自覚するようになるのです。

加齢による嗅覚の変化の原因には、鼻にある嗅覚センサーである嗅細胞の減少が挙げられます。

嗅覚は食事や香料などの良い匂いを楽しむだけではなく、火事やガス漏れをいち早く感じたり、腐った食べ物を嗅ぎ分けたりと、身の安全を守るためにも大変重要な感覚です。

高齢者の1人暮らしも増えていますので、危険を察知する嗅覚はますます大切になっています。

 

上記のコラムは、健康管理士の研修資料で成人病予防対策研究会発行の「ほすぴ」より重要な部分を抜粋して出典しております。

献血は69歳まで

今も昔もこれからも、人体の血液は人工的に製造出来る事は無いと思います。

血液は型式区分はされても、1人ひとり違った膨大な情報を秘めています。

いくら産みの親であっても、すべての成分で一致することは有りません。

人間の進化の歴史そのものが、血液の中に含まれて我々は日々進化向上しています。

人工的に製造出来ないからこそ、「献血」と云う行為には大きな意味を持ちます。

日本は少子超高齢化社会の未来が待っている訳ですから、血液の不足は免れなくなる現実問題になります。

輸血用の血液が不足すると、助けられる命も助けることは出来なくなります。

宗教的にも医学的にも賛否両論有る「献血」ですが、命の尊さには代えられません。

健康な人の義務として、時々は「献血」をオススメしています。

健康管理にも役立つ結果通知で、自分自身の血液の状態をチェックしてください。

献血可能な年齢は69歳までですが、65歳以上の献血については、献血いただく方の健康を考慮して、60歳~64歳の間に献血経験がある方に限ります。

1回の献血で、1人の命を救います。

是非ともご自分の健康寿命を延ばすために、献血をしてみてください。

 

 

山歩き健康法

海や川や山に囲まれた我が国ですが、昔から自然を身近に感じながら生活してきました。

身近に有る分、一たび災害が起きると甚大な被害に見舞われてしまいます。

先人の知恵として今でも残されている事柄は、今でも色あせることなく存在しています。

その中でも、山に入ることは心身を鍛錬するには最高の場になります。

昔で云うところの、山籠もりです。

マイナスイオンたっぷりの緑の空間に身を置くことで、自律神経の働きが正常になります。

風の音や鳥やムシ達やカエルやその他のいろいろな音での、聴覚への自然の刺激が私達の心と身体に心地よいリズムを与えてくれます。

登りや下りの連続は、心肺機能を高めて心地良い汗を深部より噴出させて、デトックス能力を高めてくれます。

出来るだけ若いうちから、定期的に山登りをすることが肝要です。

若いうちに登っておくことで、それなりに歳を重ねても登る事は可能になります。

しかし、山登りなどの鍛錬をするからには、しっかりとした栄養管理も必要です。

人体においても、可動域を酷使することは、関節や腱や筋を痛める原因にもなります。

十分な栄養を与えることで、いつまでも若々しい肉体を維持することは可能な時代となりました。

必要な栄養素を、必要な分量だけ補給することは、健康寿命を延ばすためには必要不可欠な要素になります。