フレイルへの対処法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレイルの状態にある場合、身体的・精神的・社会的の3つの側面から総合的に働きかけることが大切です。

①食事

一人暮らしの高齢者は、一人で食事を取る孤食となりがちです。

孤食では食事の品数も減り、食べ食材も偏りやすくなります。

食欲も低下しやすく食べる量も減り、低栄養状態に陥りやすくなります。

そのため、積極的に友人や家族、地域の人などと食事の機会をつくり、低栄養を防いで心身の健康維持を保ちましょう。

筋肉を強く保つために、タンパク質を十分に摂ることも重要です。

②口腔ケア

加齢と共に口腔機能(噛む・飲み込む)が低下すると、硬い食材が食べられなくなり、むせやすくなります。

定期的に歯科健診を受けて口腔機能の低下を予防することや、噛みごたえのある食材を選んでよく噛んで食べることなどを意識し、食事の質を維持するようにしましょう。

③運動

厚生労働省は、「健康づくりのための身体活動指針」として、今より10分多く体を動かす「プラス・テン(+10)」の呼びかけを行っています。

出来るところから少しずつ、いつもより10分多く動かすように心がけて、運動の習慣を身に付けていきましょう。

④持病のコントロール

糖尿病や高血圧、腎臓病、心臓病、呼吸器疾患、整形外科的疾患などの慢性疾患がある場合には、悪化しないように良好な状態を保つことが大切です。

⑤感染症予防

高齢者の場合は、免疫力が低下していることが多いため、インフルエンザや肺炎などにかかりやすいといわれています。

インフルエンザや肺炎をきっかけに重症化して入院、さらには寝たきりになってしまうこともあります。

日頃から適度な運動やバランスの良い食事などにより感染症に強い体づくりをするだけではなく、インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンを接種して予防しましょう。

⑥社会活動への参加

社会とのつながりを持たずに家に閉じこもりがちになると、生活面や精神面などの他の側面までもが低下をきたし、フレイルが重症化してしまいます。

自分が得意なこと、出来ることを見つけて地域のボランティアなどに参加することで、生きがいややりがいを見出し、社会的な役割を再び取り戻して自信にもつながります。

活気や気力が湧き、いきいきと生活することで、心身ともに元気になります。

 

上記は、成人病予防対策研究会発行の「ほすぴ」より抜粋して記載しております。

フレイルとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高齢者になり、心身の活力が落ちた「フレイル」と呼ばれる状態の人が、日本国内に約250万人以上います。

フレイルは生活の質を落とすだけではなく、様々な合併症を引き起こす危険性が有ります。

要介護になることを防ぐために、早期にフレイルの段階で適切に対処をすれば、自立した暮らしを営むことが出来ます。

超高齢化社会が進む今、本人だけではなく周りも早く気づき、生活習慣を見直し重症化を防ぐことが必要です。

フレイルとは、「虚弱」を意味する「frailty]という英語が元となっており、加齢と共に心身の活力が低下して、複数の慢性疾患などの影響もあり、生活機能が障害されて、心身の脆弱性がみられる状態です。

健康な状態と日常生活でサポートが必要な介護状態の中間を意味しています。

重症化を防ぐには、フレイルの状態を早期に気付くことが重要です。

現在は、下記の評価基準が一般的に用いられています。

【フレイルの評価基準】

次の5項目の内、3つ以上該当する場合にはフレイルの状態

①体重減少(年間4.5㎏以上または5%以上の体重減少)

②疲労感がある(なにをするにも面倒だと週に3~4日以上感じる)

③歩行速度の低下

④握力の低下

⑤身体活動量の低下

 

また、フレイルは、身体的側面(低栄養、嚥下・摂食機能の低下、転倒を繰り返すなど)、精神的側面(認知機能の低下や意欲・判断力の低下、抑うつなど)、社会的側面(家に閉じこもりがちとなって他者との交流の機会が減少することなど)、主にこれら3つの側面が相互に影響し合うことにより負荷がかかり、悪化していきます。

 

フレイルについては以上になりますが、これからの超高齢化社会を乗り越えていくために必要な情報と判断しましたので、成人病予防対策研究会発行の「ほすぴ」より抜粋して記載しております。

首と腰は要

波動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康寿命を延ばしていくために出来るだけ大きな病気をしないようにすることは、誰でもご存知だと思います。

皆さまそれぞれに健康に気を付けて生活していますし、更に健康を向上させるためにテレビや本や病院などで情報収集されたり、リハビリをしたり、健康教室などに通って行動していると思います。

多くの人が長い期間生きる事が出来る反面、若い頃の無理が祟って、後遺症などに悩まれている方々も多いです。

原因はそれぞれですが、特に首と腰には注意が必要になります。

首は、頭と胴体を繋いでいる重要な部分です。

腰は、上半身と下半身を繋いでいる重要な部分です。

背骨の先端部と末端部となります。

共に接続している部分で、人体の骨格の要となる部分です。

その首と腰のいずれかに支障が出始めると、いずれは動けなくなります。

生活の習慣によるダメージは深刻で、同じ姿勢や長時間椅子に座る仕事や長時間の運転などは、首と腰を弱めてしまいます。

人体は動物なので、基本的に適度な動作は必要不可欠になります。

首のチェック方法の1つは、真っ直ぐに立って、首を後ろに曲げた状態(上を見る状態)で、天井と平行になるのが基本です。

もし平行にならない場合には、背骨の歪みや異常が発生してきているということになります。

首と腰を守るためには、定期的なメンテナンスと、適度な運動がオススメです。

首と腰の周りの筋肉がなまると、てきめんに症状が出てきます。

元々、身体の弱い方は意外と注意をして生活していますが、過去に首や腰を痛めた経験も無い方や、比較的体力があったり丈夫な方は、加齢に伴ってあっという間に、悪化してしまう部位が「首」と「腰」です。

「首」と「腰」には、予防が一番です。

寝たきり高齢者にならないためにも、首と腰には十分にお気を付けください。

 

 

 

 

 

 

貯金

健康貯金

 

貯金人生100年時代となり、これからの時代で生きていくためには、老後の生活としての安定的な資金は必要不可欠です。

しかし、日本では高度成長の時代も終焉し、更に少子超高齢化が進行していく中では、老後の頼みの綱でもあります公的年金制度も、減額や支給年齢の引き上げなど財源不足が心配されています。

シニアの方々も知恵を使って、様々な方法で金融資産を安全に運用して、利殖していく時代になってきました。

金融資産を運用して利殖していくことには賛成ですが、これからはより一層健康分野にも積極的に投資をして、健康寿命を延ばすことを念頭に人生設計していく事を強くオススメしています。

どんなにお金持ちになっても、老後の生活の資金が満足にあったとしても、これからの医療や介護施設には、莫大な資金と人手を要します。

迷惑を掛けたくないと思ってはいても、高齢になって病気をすれば、必ず誰かの手を借りなければ、生きていくことは出来ないからです。

病院では人命救助が第一ですので、救急車で搬送されますと、基本的には生き抜くことが出来ます。

「血液」と「血管」と「筋肉」と「骨」がしっかりしていれば、リハビリなどを経て回復して退院することも可能ですが、85歳以上になりますとなかなか難しくなってきます。

金融資産に投資するのと同じように、出来るだけ早い時期から、健康にも投資をして、自分の健康貯金をしておくことが、とても重要です。

元気があれば、何でも出来る!

身体が資本 元気が基本です!

 

痴呆症

ボケにならない方法

 

認知症認知症を原因別にみると、単独ではアルツハイマー病が36%、脳血管障害が29%、レビー小体型認知症が4%です。

しかし、現在ではアルツハイマー病とほかの病気の合併を含めると、アルツハイマー病がかかわっている認知症全体の3分の2を占めてきます。

原因疾患が何であれ、認知症の前にはMCI(軽度認知障害)と呼ばれる段階があります。

MCI(軽度認知障害)とは認知症の一歩手前、いわば認知症予備軍であって、軽度の認知症ではありません。

MCI(軽度認知障害)は、物忘れやちょっとした失敗はあっても、社会生活や日常生活を送ることができます。

わが国のMCIは約450万人と推定されています。

認知症の方が462万人ですから、ほぼそれに匹敵する人数です。

MCIの人は、治療を受けていても4年以内に半数が認知症に進むとされています。

しかし一方では、同じ治療を受けてもさまざまな要因が絡まって健常に戻る人もいて、その割合は約2割と考えられています。

MCIから健常に戻る人を、「リバーター」といいます。

このリバーターになるには、出来るだけ早くMCIを発見して、その時点で適切な対策をとることが重要になります。

認知機能の低下は、40歳代からすでに始まっています。

もの忘れが増えたなどの変化に気づいたら、まずは医療機関などで受診して、現在の状態を確認しましょう。

認知症になりやすいのは、運動習慣が無い人や好奇心が乏しい人であることが分かっています。

つまり、運動習慣や好奇心を持つことがMCIの予防やリバーターへの道につながるわけです。

私たちの健康調査での経験則では、心や脳や肉体へのそれぞれに「良い刺激」がいくつになっても重要であるように思います。

新しいことへ、何でも良いので常にチャレンジしてみると云うことです。

衰退することで人はボケ易くなり、成長することで若返るように思います。

個人差があってすべての人に、これだけでボケ予防になりますよとお伝え出来ない歯がゆさはありますが、敢えてオススメするならボケ予防には「写経」と「読経」はオススメです。