健康相談

情報化社会になり、様々なデジタル機器が日進月歩で進化しています。

昔は黒電話でダイヤルを回して電話を掛けていましたが、現在は小型化した通信機器で誰もが一台持つ時代になりました。

取り次ぐ時代が懐かしく思い出されます。

便利な世の中になればなるほど、使う人の知識の向上が求められます。

車も家も家電も全てが、様々な便利な機能が付いてきています。

便利な道具も一旦使い方に問題が生じた場合には、各メーカーや専門家のアドバイスが必要になります。

例えばスマートフォンに不具合が生じた場合に、使えないと困るのでショップに行って対応してもらいたいと希望します。

現在では予約が必要であったり、窓口の時間帯が短縮されていたりしてすぐに復旧出来ない場合にはストレスになります。

ストレスを抱えると、心身ともに疲労してしまいます。

解決するためには、その原因を解決してあげるだけです。

その原因を解決出来る人は、必ずこの世の中には存在します。

その解決出来る人に早期に出会えることがとても重要です。

健康問題も、同じ事が言えます。

私達の会社も、あなたの健康相談に明確にお答えできる会社になりたいと思います。

 

大腸内視鏡検査

久し振りに、2回目の大腸内視鏡検査に行って参りました。

鹿児島市では専門病院で、患者さんも多く受診されていました。

午前中は、腸内を綺麗にするために2リットルの水溶性の下剤をゆっくりと飲用します。

ほどなくして、トイレに行く人が増えていきます。

前日からしっかりとした準備をしている方は、早期に腸内が綺麗になるために検査服に着替えられます。

看護師さんのトイレチェックで、合格になった方から順次検査室に行くことが出来ます。

私は午後過ぎてから、合格になりました。

慢性的な便秘の方や、水分を沢山飲むことに慣れていない方は少しキツイです。

検査時間は、異常が無ければ15分~20分位で終了します。

麻酔を使用しない場合には、画面で大腸内の様子を確認することが出来ます。

私もしっかりと確認して、今回の検査ではお陰様で異常はありませんでした。

同日に受診された何名かはポリープ切除などが有って、入院される方も少なくはなかったです。

常日頃から気を付けていても、何が起こるかは分かりません。

大腸内視鏡検査は、2年毎の定期検査をお勧めされました。

大腸内視鏡検査で即日手術によって対応出来る時代になりましたが、昔は開腹手術にて行っていたわけです。

肛門付近の直腸やS字結腸などに癌や病変が見つかると、現在では人工肛門造設術も頻繫に行われております。

免疫力を高めるためには、小腸や大腸の状態が肝要です。

大腸内視鏡検査も身体に負担はかかる検査ではありますが、最悪のケースを避けるためには定期的な検査が必要です。

人生の節目の年には、是非とも大腸内視鏡検査の受診をお願い致します。

 

 

 

 

 

良いご縁

新しい時代になり、世の中は日進月歩で便利になっていっております。

どんなに時代が変わっても、人間には悩みが付き物です。

昔よりも遥かに長生き出来る世の中になりましたが、若い頃と同じように身体が動いて頭がしっかりしている人は多くはありません。

元気で長生き出来るなら、出来るだけ長く生きたいと思うのは万人の願いでしょう。

昔の人の人生が50年なら現代人は100年の人生になり、約2倍長持ちさせる必要が有ります。

2倍長持ちさせる為には、それなりの努力は必要になります。

病気やケガや事故を未然に防ぐ事が、一番肝要なことです。

その為の良い先生や良い道具や良い薬や良いサプリメントなどは、日本のどこかに必ず存在しています。

自分に必要な本当に良いものとの出会いが、あなたの人生を大きく変えることになります。

希望の光を見つけ出すことも、人生では大切です。

 

 

免疫力を高める

感染症の対策は、マスクや手洗いやうがいや三密を避けることですが、完璧な対策をしていてもいつの間にか罹患してしまう事がこの感染症の恐ろしいところです。

100年前のスペイン風邪が「インフルエンザ」になったように、今回の新型コロナウイルスも100年経っても存在しています。

ワクチンや薬が登場しても、新型コロナウイルスが無くなることはありません。

いずれは世界中の皆さんが罹ることになり、インフルエンザと同じように集団免疫が形成されると現行の「風邪」と同じような位置付けになります。

それまでの間には、様々な出来事が起こって生き抜いていくしかありません。

生き抜いていく為には、自分自身の身体の免疫力を高めていることが一番重要な事になります。

今後も様々な感染症が発生する可能性がありますので、例え罹患したとしても重症化を免れる事を想定して毎日の健康生活を構築することです。

免疫力を高めるためには、①ストレスの軽減②十分な睡眠時間の確保③十分な栄養補給④適当な運動の習慣⑤身体を温める習慣⑥基礎疾患の改善などを参考にして、自分に必要な行動をして免疫力を高めるようにしておくことをお勧めします。

 

 

冬場の睡眠時間

寒い冬場には、いかに身体を温めるかがとても重要になります。

いつもお勧めしておりますが、①風呂や温泉で、身体の外から温める②温かい飲み物や食べ物を食べて身体の内側から温めるの2つが効率的な方法です。

番外編で運動をするというのも有りますが、健康寿命を延ばす為にも運動習慣を付けて身体を燃焼させて温める方法はとても良い方法です。

冬場の睡眠時間は、早寝遅起きをお勧めしています。

春や夏や秋の3シーズンよりも、睡眠時間を長くすることがポイントです。

高齢者の方々には特に温かい寝具を使用して、身体を温めながら眠ると良いです。

最近では羽毛布団も安くて洗濯など手入れし易くて手に入りますので、特にお勧めです。

寒い冬にたっぷりの睡眠時間と栄養補給をしっかりしておくと、春先からの活動がスムーズになります。