筋肉を鍛える

筋肉細胞と神経細胞は、いくつになっても鍛えることで成長することが可能です。

加齢に伴って腰痛や背中の痛みや節々の痛みなど、骨の歪みや腱が硬くなってしまう原因の1つに、筋肉量の減少が大きく関わっているかもしれません。

特に若い頃に鍛えていたり、運動をされていた方に多く見られる症状です。

筋肉は鍛えていれば、増量したり維持することが出来ますが、使わなければ自然と落ちてしまいます。

若い頃に比べて、痩せてきたり、力がなくなってしまうことは仕方ない部分ではありますが、無理をしない程度に「筋トレ」をすることは一生涯必要な事になります。

最近の施設やデイサービスなどのプログラムでは、積極的に「筋トレ」を多くカリキュラムに入れていますし、筋トレマシーンの使いやすさや効果の良さは年々進歩しています。

筋トレの仕方や方法などは、既に施設やデイサービスや公民館などで実行されている方も多いと思いますので割愛しますが、基本は大きい筋肉から鍛えると云うことです。

筋トレの次に重要な事は、「食事」になります。

いくら筋トレしても効果が出ないという方がいらっしゃいますが、それは摂取する食事の内容と量が間違っている場合があります。

とにかく背骨が曲がったり、姿勢が傾きつつ有る方には「筋トレ」が有効と云うお話しでした。

 

定期的な血液検査

健康寿命を延ばす為には、「食事」と「運動」のバランスがとても重要な要素となります。

健康とは、個々人の相違が大きく左右される分野になります。

体格や体質や環境や血質や遺伝などの違いが有る為に、絶対的な物はほとんど存在しません。

これを食べれば身体に良いとか、この運動は身体に良いと云うのは最終的には個々人で違います。

それだけに、長生きをしている人やとにかく元気いっぱいな人の食生活や運動の仕方には、傍から見たら変わったことをしている事が多いのも事実です。

健康とは結果がすべてになりますので、それぞれに適合する食事や運動を実施して、それで健康寿命を延ばすことに繋がっていれば、極端な話し何でもOKになります。

食事や運動のバランスの状態を正確に判断する方法としては、定期的な血液検査がベストとなります。

赤血球の寿命が約120日と云われていますので、半年毎の定期的な血液検査にて血液の質や量を観察されると良いでしょう。

成人の場合には、維持することが重要な要素になりますので、それぞれの数値が過不足なく整っている状態が良いです。

異常値が出た場合には、早期発見早期治療にも繋がりますので、健康維持の為にも積極的に定期的な血液検査をお勧めします。

 

 

健康な卵

健康を考える上で欠かせないことに、「食事」が一番に挙げられます。

昔の物が無い時代と違って、現代では食料の調達に困ることはあまり基本的にありません。

お店やスーパーマーケットに行けば、大抵の食糧は揃う時代になっております。

しかも、世界中の食べ物もかなり集まっていて、肉や魚や果物や野菜まで、ほとんどありとあらゆる品物が所狭しと並べて有ります。

高齢者の食事にとって必要な栄養素は、たんぱく質やミネラル類やビタミン類となりますが、特に必要となるのがたんぱく質ではないでしょうか。

加齢に伴って、基礎代謝量が減ってきて消化器系の働きが弱くなってしまいますと小食になっていき、1日に必要な栄養素を確保出来ない状況が慢性的に続いてしまいます。

人間が生きていく以上、死ぬまで栄養補給は欠かせません。

理想的な事を言えば、毎日の食生活で必要な栄養素を過不足なく摂取する事が出来れば良いのですが、一人暮らしになっていったりして、生活のバランスが崩れていくのが大方の現状になります。

孤食や孤独が、これからもっと社会問題になっていくと思います。

健康寿命を延ばすと云う最大のテーマで論じる訳ですが、健康は複合的な要素がとても強い分野です。

これだけを食べればこれだけを飲めば、健康になると云うものは実際にはありません。

ありませんが、食事の中で気を付けて欲しいのは「卵」です。

卵は、出来る限り健康な卵を選ぶようにしてください。

 

 

 

 

 

腰の痛み 膝の痛み

70歳を過ぎてくると、大半の方々が腰の痛みや膝の痛みが出て来ます。

他の部位の痛みを訴える方も多いですが、自立した生活を送るためには、足腰の衰えは致命傷になります。

腰や膝の痛みは、歩くと云う動作にとってはスムーズであることが絶対条件になるからです。

人は痛みにはとても弱く出来ていて、動作が億劫になり、次第に筋力などの衰えが出てきます。

腰や膝の痛みの原因の大半は、若い頃に重い物を持ったり担いだりして、肉体を酷使した結果になります。

いわゆる、後遺症のようなものです。

昔は今の生活様式とは異なっていましたので、腰や膝に負担を掛ける生活になり易かった訳ですので、仕方がない部分も多いです。

弱い部位には必ず負担は掛かる訳ですから、メンテナンスは特に重要となります。

過去の古傷や故障は、出来る限り今のうちに癒すことが重要です。

温泉や整体や鍼灸院やカイロプラクティックなどを利用してメンテナンスすることで、痛みの部位は軽減されます。

自分に合う湯治場や良い先生を見つけることで、多くの方が痛みを軽減して、健康寿命を延ばす生活をしています。

毎日の生活では出来るだけ杖を活用して、腰や膝に負担の無い生活を心掛けましょう。

人間は2足歩行ですが、歩く時には片足立ちになって前に進むので必ず1足になります。

1足で、全体重を支えています。

杖を用いることで、本当の2足歩行になるわけです。

特に骨が変形している方は元に戻すのは難しいですので、杖の活用をお勧めします。

梅雨時期の過ごし方

梅雨の時期になりますと、当然ですが長雨が続きます。

植物達にとっては恵みの雨になりますが、人体にとっては気分的にも鬱陶しいものです。

梅雨時期は、特にカビなどの菌類は繁殖し易くなります。

特に洗濯機や浴室やお台所の水廻りでは、菌類の繁殖は猛烈に増殖しています。

ジメジメムシムシとした湿度の高い環境では、菌類には好都合な条件でも、人体にとっては不快度指数は満点になります。

ここで注意したい点は、「冷たいもの」や「甘いもの」を控えると云うことです。

梅雨時期にそのようなものを摂取することで、胃腸の働きが極端に弱ります。

ただでさえ、梅雨時期には環境のダメージを大きく受けている訳ですから肉体にとってはダブルパンチとなります。

常に身体を労わることは重要なことですが、特に梅雨時期には注意が必要になります。

出来ればサッと汗をかくくらいの運動や作業などをした後に、シャワーで汗を流して気持ちの良い1日を過ごせるようにしたいものです。

お昼寝も効果的ですので、なるべく梅雨時期には身体を横にして休めて、日頃の疲れを取るようにメンテナンスすることをお勧めします。

暑い夏は、すぐそこまで来ています!