痴呆症

ボケにならない方法

 

認知症認知症を原因別にみると、単独ではアルツハイマー病が36%、脳血管障害が29%、レビー小体型認知症が4%です。

しかし、現在ではアルツハイマー病とほかの病気の合併を含めると、アルツハイマー病がかかわっている認知症全体の3分の2を占めてきます。

原因疾患が何であれ、認知症の前にはMCI(軽度認知障害)と呼ばれる段階があります。

MCI(軽度認知障害)とは認知症の一歩手前、いわば認知症予備軍であって、軽度の認知症ではありません。

MCI(軽度認知障害)は、物忘れやちょっとした失敗はあっても、社会生活や日常生活を送ることができます。

わが国のMCIは約450万人と推定されています。

認知症の方が462万人ですから、ほぼそれに匹敵する人数です。

MCIの人は、治療を受けていても4年以内に半数が認知症に進むとされています。

しかし一方では、同じ治療を受けてもさまざまな要因が絡まって健常に戻る人もいて、その割合は約2割と考えられています。

MCIから健常に戻る人を、「リバーター」といいます。

このリバーターになるには、出来るだけ早くMCIを発見して、その時点で適切な対策をとることが重要になります。

認知機能の低下は、40歳代からすでに始まっています。

もの忘れが増えたなどの変化に気づいたら、まずは医療機関などで受診して、現在の状態を確認しましょう。

認知症になりやすいのは、運動習慣が無い人や好奇心が乏しい人であることが分かっています。

つまり、運動習慣や好奇心を持つことがMCIの予防やリバーターへの道につながるわけです。

私たちの健康調査での経験則では、心や脳や肉体へのそれぞれに「良い刺激」がいくつになっても重要であるように思います。

新しいことへ、何でも良いので常にチャレンジしてみると云うことです。

衰退することで人はボケ易くなり、成長することで若返るように思います。

個人差があってすべての人に、これだけでボケ予防になりますよとお伝え出来ない歯がゆさはありますが、敢えてオススメするならボケ予防には「写経」と「読経」はオススメです。

 

 

 

フレッシュジュース

キレイな水

 

フレッシュジュース健康を考える上でまず取り組みたいのが、「キレイな水」の確保です。

起床してお顔とお口の清掃が終わってから、300㏄~400㏄のキレイな水を朝一番に身体に入れてください。

命の水で身体の中の細胞を活性化する事は、とても重要なことの1つです。

人体は睡眠中に、成長ホルモンの分泌や痛んだ箇所の修復など、あらゆる分野で新陳代謝を行っています。

特に、細胞からは不要になった老廃物などを生成するためには、「水」は欠かすことの出来ない物質です。

皆さんが毎日お風呂やシャワーなどで、身体の外側を掃除すと同じように、身体の内部は自動で細胞のお掃除をしてくれています。

たっぷりの水を使用していますので、起床後のお水はとても重要になります。

キレイなお水とは、水道水を十分にろ過したお水と云うことです。

水道水は、ばい菌などを殺菌するために、消毒剤を混ぜて安全にしています。

もちろん飲用は可能ですが、更にろ過して飲用した方が、お身体には負担が少なくなります。

ペットボトルや温泉水やその他名水などいろいろな種類がございますが、私達がオススメしていますのは地元のお水です。

長年飲用や調理で使用しているお水には、絶対にかないません。

沖縄に住む魚と、北海道に住む魚が違うように、私達の身体は「空気」と「水」になじまないと、永く生活することはできません。

基本となるのは、やはり長年使用している水道水となります。

それを更にろ過して、身体に取り入れることは健康の第一歩になります。

 

波動

健康と波動

波動私たちが目指している健康寿命を延ばす活動とは、まったく病気に罹らないことを目指しているわけではなく、たとえ病気に罹っても、自分自身の身体の力で出来る限り快復するように導いていくお手伝いをする活動をしています。

もちろん病気を予防することも重要なことですが、ほとんどの方は、病気になってから医療機関や福祉施設を利用して、元通りの生活に戻っていかれます。

問題はその後で、以前と同じ生活習慣をしていれば、いずれは同じ病気の再発かそれ以上の病気に罹る可能性は高くなるでしょう。

病気の原因が生活の習慣にあるなら、その原因となった習慣を止めて、新たな習慣を作ることがとても重要となります。

この新たな習慣を作りあげるときに、活用しているのが「波動」と云うことです。

別に波動計なる測定器があって、それを使用しているわけではありません。

あくまでも感覚的な表現ですので、お間違えの無いようお願い致します。

すべての物体には微小ではありますが振動(バイブレーション)していて、波動が有ります。

例えば売れている音楽の曲には、高い次元に導く波動があります。

その他、人気の有る書道の書や絵画なども、人を魅了する高い波動を持っていると云うことです。

人体も同じで、元気で産まれてきた赤ちゃんには、最高レベルの波動を持っています。

逆に、病気な身体には、低いレベルの波動が流れているといえます。

昔のお医者様は、お顔色や目や口の中や脈などで気の停滞などを確認していたはずです。

気=生体エネルギー

健康寿命を延ばすためには、健康へ導く高い次元の波動を、毎日の生活(食事・運動・ストレス・睡眠・環境)に取り入れて共鳴(チューニング)していくことが、最も重要なことになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

長寿

病気を避けて健康寿命を延ばす

長寿昨日の朝7時10分頃に、愛用していた携帯電話が使用できなくなりました。

充電は完了したばかりでしたが、1通のメールの受信後に突然動かなくなりました。

仕事先のお客様やお取引先などの情報は、すべてこの1台の携帯電話に入っていますので、私としては大変困りました。

仕方なく電話会社に行ってなんとか復旧してもらおうと思いましたが、残念ながら電源も入らない、データも取り出せないとのことで、結局データ復旧修理を依頼することになりました。

2週間くらい作業にかかるようですが、すべて取り出せるかは不明との事です。

携帯電話は2~3日くらいで新しい物に変わりますが、今までの積み重ねて来たデータは無いので、電話番号を記憶していない方への連絡は出来ないことになります。

私は性格的に壊れる前には、前もってデータ移行して、新しい携帯電話へ交換して来ましたが、今回は多少の懸念は有りましたが、まだ使用する事が出来て動いていた事と、長期の出張中との事もあって対応が遅れてしまいました。

まだ動いていたうちに、電話会社に行って手続きすれば、保険にも加入しているので、お金もかからずに何も問題なくスムーズに新しい携帯電話へ移行出来ていたはずです。

昨日はこの携帯電話の事で反省しっぱなしの1日になりましたが、この学びを活かさない手はないと云うことで、人の健康に当てはめて考えてみました。

携帯電話が突然動かなくなることは、ピンピンコロリと同じ状態です。

寝たきり介護状態で長く生きるよりは、早く死んだほうがマシだと云う例えのコトバですが、ご本人は良いかもしれませんが、残された家族にとっては大変困ります。

私が使用していた携帯電話には、今までの様々な情報が記録されていて、完全に私の生活の1部になっていました。

人ひとりのこれまでの人生には、携帯電話など比較にならないほど膨大な量の様々な結びつきの情報がございます。

いつかはなくなる命でも、出来るだけ長く健康を保って、親から子へ孫へ、大切なことを伝承していきたいものです。

駅伝のタスキのように、連綿と繋いでいくことが、最も大切なように思います。

その為には、まずは定期的(3ヶ月~半年毎)に医療機関や福祉施設などの健康診断を活用して、客観的に自分の健康状態を把握することは必要不可欠です。

そして、何かしら体調の変化が有れば、かかりつけ医や最寄りの専門医に相談したりして、とにかく早めに対応することが、健康寿命を延ばすことに繋がるはじめの一歩となります。

携帯電話はいくらでも交換可能ですが、あなたの命と身体は唯一無二のために、命も身体も交換することはできません。

「大病を小病に 小病を無病に」

健康寿命を延ばして、未来にタスキを繋いで生きましょう!

 

 

 

赤ちゃん

赤ちゃんミルクの活用

Baby

生活習慣病の改善のキーワードとなるのは①食事②運動③睡眠④ストレスですが、高齢になればなるほど特に重要となるのが、①食事と②運動になります。

②の運動とは、基本的な身体活動量の維持になりますので、歩くことやしゃがむことなどの基本動作訓練になります。

デイサービスやリハビリ施設などをご利用の方々は、基本動作訓練は継続的にに実施されており良い結果が報告されています。

しかし①食事については、個々人の摂取量や摂取質が異なるために、バラツキがございます。

人間にも、「食性」が有ります。

食性とは、永い年月をかけて体内に吸収されていく過程で出来上がりますので、新しい食べ物や外来のものは、始めは吸収されても、あとからは吸収されない可能性もあります。

短期的なら良いのですが、長期的な栄養補給を考えるなら、しっかりとした食性を作り上げるほうが良いと思います。

食事の基本は、日本人なら和食となりますが、毎回オススメしています「お味噌汁」は毎日摂っていただきたい食事となります。

足りない栄養素を補給するなら、「赤ちゃんミルク」の活用もオススメしています。

昔は「脱脂粉乳」でしたが、今の赤ちゃんミルクは更に進化したものとなっております。

毎日の食事だけではすべての栄養素を賄うことは難しく、また調理などの手間などを考えると、1日1杯~3杯のミルクは最適な健康飲料となります。

人体の細胞には、十分な栄養素が必要不可欠となります。

毎日の食事に、一工夫するだけで大きな活力の源になります。

その他にもいろいろな方法がございますので、是非ともお試しください。