健康長寿の人の特徴

15年位前に沖縄県が男女共に日本で一番長生きだった時期に、沖縄県の離島を定期的に訪問して健康調査をしていました。

その時に感じた事は、本土の方々よりも見た目が実年齢よりも10歳は若く見えると云うことでした。

それ位に若々しく、動きも機敏でした。

いろいろな島民の方々とのインタビューで、一番驚いたことはやはりこの質問の回答でした。

質問:あなたは何歳まで生きたいですか?

回答:100歳です。

ほとんど全ての島民の方々の回答が、100歳でした。

沖縄本島での、健康講演会の際にも同じ質問をしましたが、ほとんど全員が手を挙げていました。

何故、私が一番驚いたかと云うと、本土ではほとんどの方々が親・兄弟を目安にしていたり、もういつでもお迎えが来ても良いとおっしゃる方々が多かったからです。

沖縄の皆さんが、100歳を目指しているのにも理由が有って、今は分かりませんが、100歳になると皆でお祭りをしてくれるようでした。

きっと、小さい頃からの楽しい思い出を実現するための目標が根付いているという事ではないでしょうか。

本当の健康長寿とは、自立した生活が出来る100歳の事を云うのだと思いますが、この健康長寿を実現するためには、相当な努力と財力を必要とします。

ある意味、オリンピックで金メダルを取る事よりも難しい事なのです。

オリンピックでは選ばれし者が出場して戦う訳ですが、100歳まで健康長寿とは、現在生きている全ての人間に与えられた使命なのです。

命は、「あなたの持っている時間」です。

まずは、死ぬまで健康で長生きする事を決意してください。

そして、沖縄のオジーやオバーと同じように、「100歳まで生きる」と決断してください。

そこからが、健康長寿へのスタートになります。

 

 

 

同時死について

最近多く耳にするようになった「同時死」ですが、少子高齢化社会の日本では今後益々多くなっていきます。

50年位前の日本では、2世代や3世代で同居しているのが圧倒的に多く、また当たり前の事でした。

これまでは、皆で助け合って生きて来ました。

高度成長をして先進国となった日本では、集団生活よりも個人生活の方へシフトされて、ある意味自由な暮らしを手に入れる事が出来ました。

平均寿命が伸び続けて、100歳まで生きていけるようにもなりました。

人間の生活のサイクルが次々に変化していく中で、寿命だけが延びて、出来るだけ自立した生活を送っていかなければならない時代になりました。

しかし、高度成長期の時代を生き抜いて来て、猛烈に頑張り過ぎてきて酷使してきた肉体にも、男性なら75歳を過ぎてから、女性は85歳を過ぎると流石にガタが出て来ます。

こうした中で、老老介護と云う現実は、最期の余生を送る日々としては、将来性の少ない不安な毎日を過ごしている方も少なくは有りません。

しかも一番の問題は、介護されている方よりも、介護している側がダメになってしまうと共倒れになると云う現実です。

現実問題として、人手がどこも不足していると云うことです。

抜本的に現状の問題を解決する方法は、残念ながら見付かってはいません。

私達に出来ることは、出来るだけ病気にならないように「予防」する事と、万が一病気になってしまった時には、早期発見して早期治療を行ってリハビリをして社会復帰をすることです。

健康寿命を延ばす為に、今のうちから自分で出来ることを実行することが、今出来る一番の解決方法かもしれません。

 

 

 

 

 

介護施設と人工知能

近年の科学技術の発達によって、人間の頭脳に取って代われるほどの「人工知能」が登場して来ました。

人口知能は過去の膨大なデータベースとインターネットを基にして、自ら学習し進化を遂げていきます。

未来予測は膨大なデータベースを利用して、確率の高い予測も可能になりました。

少子高齢化社会の中で、介護が必要になった高齢者にとって、介護施設の体制は重要なところですが、介護する側の利用者よりも、介護する職員の数が圧倒的に足りなくなってきています。

介護施設の受け入れ人数は有っても、職員の人数が足りなくなると、利用者を受け入れる事は出来ませんので、職員の確保が最も重要な介護施設がほとんどです。

10年もしないうちに、今の現状の介護施設の体制は維持することは出来なくなりますので、外国人のヘルパーさんは当たり前のことになり、早い段階で「人工知能」や「介護用ロボット」を活用した介護施設も登場してくることになります。

「人工知能」の活用として魅力的な部分は、安全管理と体調管理が常に管理監督する事が可能で有ると云うことです。

ネックレスやブレスレットなどの形状で常に身に付けておくと、現在位置や行動や体勢や心肺機能などを常に計測してデータ管理してくれます。

問題が有るとすれば、感性の部分になってくるかと思います。

今の70歳~80歳位の方々は、100歳くらいまで生きる可能性が有ります。

出来る事なら、ボケや寝たきり介護状態にならないように、健康寿命を延ばす為に「健康貯金」を増やして、健康で長生きしたいものです。

私達は、健康寿命を延ばす為の活動をしています。

健康な心と身体が、幸せな源泉になります。

 

ゴースト血管と血管美人

最近NHKスペシャルやその他メディアでも登場しています「ゴースト血管」ですが、私達は今から10年位前には微細循環(毛細血管)の観察も採用して、お客様のご健康にお役立ていただいております。

左手の薬指を顕微鏡の所定の場所に置くだけで、即観察が可能です。

痛みも無く採血も必要も有りませんので、老若男女問わず観察が可能になります。

観察の結果は目の前でご自分でも判断出来ますので、是非ともこれからの健康活動に活用して欲しいと思います。

弊社では1回500円で観察を受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

使用している顕微鏡は、「血管美人」になります。

目の運動

目は脳に繋がる器官の1つですが、病気になると分かりやすく目は変化します。

人間の情報の約8割を占める「視覚機能」ですが、目が見えると云うことはとてもありがたいことです。

目の見えない生活は、1日のスピード感からして違ってきます。

しかし、「目は口ほどにものを言う」と云う諺もある通り、人間の活力を示すサインにもなります。

人体活動が完全に停止しますと、目に光を当てて瞳孔を確認する時にも使用されますし、様々な場面に活用されます。

認知症やパーキンソン病などの脳の病気でも、目に反応が起きてきます。

目は常に有限微妙に揺れ動いていますが、脳の病気が発症しますと目の動きが止まって、傍から見ると目が怖く感じます。

そこで、毎日1回「目の運動」をして脳に刺激を与えるという事が今回のご提案になります。

目の運動の際には、右手の親指を立てて前に突き出して、姿勢良くすることからスタートします。

①両目で親指を見て、次に遠くを見ます。

※これを20回くらいして、右手は降ろします。

②両目を、右左(みぎひだり)と左右にゆっくりと動かします。

※これを20回くらい。

③両目を、上下にゆっくりと動かします。

※これを20回くらい。

④両手の手のひらを目をつぶって目の上に当てて、ゆっくりと休ませます。

※これを60秒くらい。

以上になります。

目の運動は簡単ですが、一番効果的な時間帯は午前中になります。

毎日行うと、記憶力もアップしてきます。

良かったらお試しください。