長寿

病気を避けて健康寿命を延ばす

長寿昨日の朝7時10分頃に、愛用していた携帯電話が使用できなくなりました。

充電は完了したばかりでしたが、1通のメールの受信後に突然動かなくなりました。

仕事先のお客様やお取引先などの情報は、すべてこの1台の携帯電話に入っていますので、私としては大変困りました。

仕方なく電話会社に行ってなんとか復旧してもらおうと思いましたが、残念ながら電源も入らない、データも取り出せないとのことで、結局データ復旧修理を依頼することになりました。

2週間くらい作業にかかるようですが、すべて取り出せるかは不明との事です。

携帯電話は2~3日くらいで新しい物に変わりますが、今までの積み重ねて来たデータは無いので、電話番号を記憶していない方への連絡は出来ないことになります。

私は性格的に壊れる前には、前もってデータ移行して、新しい携帯電話へ交換して来ましたが、今回は多少の懸念は有りましたが、まだ使用する事が出来て動いていた事と、長期の出張中との事もあって対応が遅れてしまいました。

まだ動いていたうちに、電話会社に行って手続きすれば、保険にも加入しているので、お金もかからずに何も問題なくスムーズに新しい携帯電話へ移行出来ていたはずです。

昨日はこの携帯電話の事で反省しっぱなしの1日になりましたが、この学びを活かさない手はないと云うことで、人の健康に当てはめて考えてみました。

携帯電話が突然動かなくなることは、ピンピンコロリと同じ状態です。

寝たきり介護状態で長く生きるよりは、早く死んだほうがマシだと云う例えのコトバですが、ご本人は良いかもしれませんが、残された家族にとっては大変困ります。

私が使用していた携帯電話には、今までの様々な情報が記録されていて、完全に私の生活の1部になっていました。

人ひとりのこれまでの人生には、携帯電話など比較にならないほど膨大な量の様々な結びつきの情報がございます。

いつかはなくなる命でも、出来るだけ長く健康を保って、親から子へ孫へ、大切なことを伝承していきたいものです。

駅伝のタスキのように、連綿と繋いでいくことが、最も大切なように思います。

その為には、まずは定期的(3ヶ月~半年毎)に医療機関や福祉施設などの健康診断を活用して、客観的に自分の健康状態を把握することは必要不可欠です。

そして、何かしら体調の変化が有れば、かかりつけ医や最寄りの専門医に相談したりして、とにかく早めに対応することが、健康寿命を延ばすことに繋がるはじめの一歩となります。

携帯電話はいくらでも交換可能ですが、あなたの命と身体は唯一無二のために、命も身体も交換することはできません。

「大病を小病に 小病を無病に」

健康寿命を延ばして、未来にタスキを繋いで生きましょう!

 

 

 

赤ちゃん

赤ちゃんミルクの活用

Baby

生活習慣病の改善のキーワードとなるのは①食事②運動③睡眠④ストレスですが、高齢になればなるほど特に重要となるのが、①食事と②運動になります。

②の運動とは、基本的な身体活動量の維持になりますので、歩くことやしゃがむことなどの基本動作訓練になります。

デイサービスやリハビリ施設などをご利用の方々は、基本動作訓練は継続的にに実施されており良い結果が報告されています。

しかし①食事については、個々人の摂取量や摂取質が異なるために、バラツキがございます。

人間にも、「食性」が有ります。

食性とは、永い年月をかけて体内に吸収されていく過程で出来上がりますので、新しい食べ物や外来のものは、始めは吸収されても、あとからは吸収されない可能性もあります。

短期的なら良いのですが、長期的な栄養補給を考えるなら、しっかりとした食性を作り上げるほうが良いと思います。

食事の基本は、日本人なら和食となりますが、毎回オススメしています「お味噌汁」は毎日摂っていただきたい食事となります。

足りない栄養素を補給するなら、「赤ちゃんミルク」の活用もオススメしています。

昔は「脱脂粉乳」でしたが、今の赤ちゃんミルクは更に進化したものとなっております。

毎日の食事だけではすべての栄養素を賄うことは難しく、また調理などの手間などを考えると、1日1杯~3杯のミルクは最適な健康飲料となります。

人体の細胞には、十分な栄養素が必要不可欠となります。

毎日の食事に、一工夫するだけで大きな活力の源になります。

その他にもいろいろな方法がございますので、是非ともお試しください。

 

 

体力

75歳まで働ける身体作り

2025年問題と云うキーワードがあります。

これは、人口比率の最も多い世代である「団塊の世代」の人たちの高齢化である。

2020年の「東京オリンピック」の5年後には、日本を高度成長させて先進国にし、経済大国に導いた方々が、後期高齢者と云われる75歳に突入していきます。

75歳を境に今まで健康を維持してきた方でも、そろそろと老化現象が出現してきます。

特に男性は、75歳から十分な注意を必要とします。

平均寿命がドンドンと伸びる中、医療機関や福祉施設などでは、需要と供給のバランスが崩れるほど、受け入れることが出来なくなる地域が出て来ます。

現在の日本の社会保障制度は、超高齢化社会のために財源確保が難しくなってきています。

このままの景気では、年金受給者は受給額が少しずつ減らさせることになります。

これから受給していく方には、受給年齢がこれからも少しずつ引きあがることになっていくことは、誰にでも予測出来ると思います。

寿命が延びることは人類の夢ですからとても良いことなんですが、社会の仕組みが旧来型なので、対応することはできません。

社会の仕組み作りが、後付け方式なので仕方ありません。

40年前くらいまでは、60歳で退職してもそのあと10年くらいであの世に行けました。

ところが、今では60歳で退職してしまうとあと20年~30年くらいはあります。

40年前と現在では、生活のプランが全く違うのです。

40年前の60歳の方はホントにおじいちゃんに見えましたが、今の60歳はまだまだ若く見えます。

※見た目年齢➡40年前の60歳=今の80歳~85歳くらい

今の40代~50代の方々は、今のうちに将来の健康目標年齢を引き上げる必要があります。

人はそれぞれに、自分の将来の姿を周りの環境や親兄弟などを鑑みて、少なからずイメージしています。

現在の高齢者の皆様へインタビューしてみても、若い時分にこれだけ長く生きると思っていた人は皆無である事を考えてみても理解できると思います。

今の高齢者の方々は、まだ社会保障などや地域や家族が守ってくれても、10年先では社会も地域も家族も違った形態をしているはずです。

特に40代以下の世代は、とにかく75歳までは働ける身体作りを今からしていくことをオススメしています。

世の中はドンドン進化して、これからも様々な健康を向上させる商品や方法が発掘され開発されます。

しかし、私達にまず一番重要なことはツールや方法などではなく、自分の人生の目標設定になります。

是非、75歳まで働ける身体作りを目指して健康作りに励んでみてください。

私達もそのお手伝いやきっかけ作りが出来るように、今後も幅広く健康の啓蒙活動を実施しています。

 

 

 

 

 

 

赤十字

献血のススメ

献血を、オススメします。

特に男性の方々は、オススメです。

女性の方は、思春期頃から50歳くらいまで定期的な生理機能が備わっていて、自動で肉体を浄化する機能が備わっています。

ひと昔前なら、「血の気の多い男性」は喧嘩やケガなどをして、ときどき血を出していましたが、今の時代はそうもいきません。

そこで、オススメしているのが「献血」になります。

現在の医療機関では、出来るだけ自己輸血をしているようですが、緊急な場合やどうしても必要な場合には、献血された血液を利用しているはずです。

文明がいくら進化しても、この血液だけは作れません。

作ることが出来るのは、唯一人体の体内だけと云うことになります。

輸血にも賛否両論ありますが、命の重さには代えられません。

救える命ならば、輸血をしてでも助けてあげたいと思うのが、人の心だと思います。

私がオススメしている献血というのは、倫理的なお話しではなく、自らの健康増進の為にしてみませんか?というレベルのオススメになります。

20歳を超えたら1年に1回~4回を目安に、献血をしてみては如何でしょうか。

出来れば、「400㏄」か「成分献血」をオススメします。

1番のメリットは、無料で「血液検査」が出来るという事です。

現代医学では、血液の状態である程度の生活習慣病などを、予防や予見することが可能となっています。

肝機能検査や糖尿病やコレステロール値などなど

健康食品や運動の効果を知りたいなら、3ヶ月おきに血液検査をして、経過を見ていけば実態が客観的に確認することも可能となります。

すべてが解決することはありませんが、何も行動しないまま日々を過ごすよりは、よっぽど良いです。

2番目のメリットは、献血をする事で、体内の造血作用が活性化するという事です。

人体は必要があれば、自然治癒力を発現させて修復していくわけですから、必然的に少なくなった血液を、すみやかに作り出していきます。

この力を定期的に訓練することは、未だ解明出来ていない人体の素晴らしい機能を更に高めることになると思います。

3番目のメリットは、少しだけ誰かの為になっている感じがしてくる「心の豊かさ」に繋がっていくところです。

献血者数も年々減少していってるようですが、このまま高齢化が進んでいくと、献血可能年齢者の割合も急激に少なくなり、将来は輸血することも叶わなくなってしまう恐れが有ります。

今のうちに、まずは自分の為に献血をしてみたら如何でしょうか。

献血行動は、健康の証です!

 

 

 

 

 

味噌汁

お味噌汁のススメ

健康の調査を本格的に始めて、丸12年になりました。

食事や運動や睡眠やストレスなどのアンケート調査や、健康度合を観察する健康チェックなどを、主に60歳以上の方々へ実施して参りました。

個別訪問の方式と云うこともあり、その方の環境や生活習慣も併せて理解出来ました。

病気がちなご家庭には、特有の法則もなんとなく解るようになってきました。

現在の病気は、主に長年の生活の習慣から発生するということで「生活習慣病」と云われます。

その発生した病気の原因が「生活の習慣」ならば、その「生活の習慣」を少し変えてあげたら良いわけで、その生活の習慣の改善の1~3個くらいをアドバイスするようになっていきました。

半年から1年くらいで人体の細胞を入れ替えられますので、だいたい半年から1年毎に定期訪問をしていきますと、その本人では気付かない変化を見ることが出来ました。

健康になることの原理はとても簡単なことで、過剰な部分は引いてあげて、足りない部分は足してあげることの「たし算とひき算」になります。

難しいところは、「どこが多いのか?」「どこが少ないのか?」というところが本人では解らないところです。

野生動物と同じように、人間も基本的に「健康体」が当たり前のことです。

そもそも人間の肉体は、病気をするように出来てはいないのです。

もちろん、加齢に伴っての老化現象は出現してきます。

野生動物にとっての病気とは、寿命を意味するでしょうから一概には言えませんが・・・

しかし野生動物には、「生活習慣病」というものはほぼありません。

人間が飼育している、ペットには人間と同じように「生活習慣病」があります。

生活習慣病とは、文明の発展と恩恵を受けた代償なのかもしれません。

病気をしてしまうことは仕方ないとしても、出来れば一刻も早く回復したいと願います。

病院の「薬」や「手術」も大事ですが、何よりも大事になってくるのが、薬や手術が最大限に効果を発揮出来る体質にしておくことです。

病気の予防のためにも、私がオススメしていることの1つに、毎日の「お味噌汁」があります。

せめて、1日に1食は日本古来の「お味噌汁」を食べてください。

病気になりがちなご家庭には、様々な特有の習慣や体質がありましたが、健康なご家庭には、ほとんどすべてのご家庭で、毎日「お味噌汁」を食べていました。

どうも「お味噌汁」には、健康を保つ秘訣がありそうです。

味噌は、日本人の食物の「かなめ」なのです。

どうか健康な一生を送りたい方々は、毎日の「お味噌汁」と云う習慣をオススメします!