認知症(ボケ)の行動原理

高齢者の方々の最もなりたくない事は、「ボケ」認知症と寝たきりではないでしょうか。

最近では健康でいられる期間の事を「健康寿命」と言いますが、平均寿命と健康寿命の差は、男性で約9年、女性で約13年になります。

あくまでも平均ですが、日本人の高齢者は約10年間の病気療養の期間が有ると云う事になります。

あえて言えば、平均約10年間病気療養に皆さんそれぞれが全員なる訳では有りませんので、念のためにご説明しますと、長生き家系で長患いを30年くらいされている方もいらっしゃいますし、重篤なご病気に罹って2~3ヶ月で逝かれる方もいらっしゃいます。

最近の傾向としては、医療技術などの発達に伴って、長中期の入院での対応よりも、短期入院や通院やリハビリなどを積極的に行って、早期の社会復帰を実現しています。

しかし、ここで問題になるのが核家族化の深刻化です。

50年前位の日本では、2世代や3世代の大家族で互助関係が築かれていましたが、今では老老介護やお一人様家庭が多くなり、先進国でありながら高齢者の方々の将来の不安は年々急増加しているのが現状です。

更に追い打ちをかけるように、日本には少子化問題が響き、単なる人口減少だけでは済まなくなる事態が想定されています。

昔は元気で長生きすることは人類の夢とされて、将来は科学技術などの進歩により、ガンなどの病気は無くなると予想されていました。

もちろん、これから先の世の中では、バイオテクノロジーや遺伝子技術開発などで大きく飛躍し進化していく事は間違いありません。

しかし、それらの恩恵を受けられるのは、一部の人間だけにとどまることになるでしょう。

今までの人類史上、これだけ日本人全体で平均寿命が高いのは初めての経験ですので、お医者様でも習った医学には無い、書物には無い様々な高齢者の方々が続々と来院される訳ですので、対処出来ないケースには、「加齢に伴うものでしょう」とか「老化現象ですなぁ」とかの最後の決め台詞が登場する事になります。

特に認知症(ボケ)の場合には、境界線が曖昧で個人差が有るものですから、診断された高齢者の方が傷付くケースが多いです。

認知症(ボケ)の原因は、脳に有ると思われていますが実はそれだけでは有りません。

例えば徘徊ですが、本人は意識して徘徊しているわけでは有りません。

足腰が不自由でなければ、肉体自身が要求して、本人の意思とは関係無く行動欲求が高まり、結果徘徊をしている事になります。

ですから、本人自身も何故そこにいるのか説明することは出来ないのです。

若い時には考えた事もしなかった、脳で考えた事が行動に移すと云う神経行動が、肉体自身が勝手に神経行動してしまうと云う現実が存在します。

武道の世界で云うところの、試合中に記憶が飛んだ後でも身体が勝手に反応して試合終了後に意識が回復してしまう行動原理と同じ事が、高齢者の人体でも起こっている訳です。

すべての高齢者に当てはまる訳では有りませんが、認知症(ボケ)と云う現象は神の領域に達した証なのかもしれません。

現代日本には、すべての高齢者に対して手厚く十分な社会福祉を提供出来る国では有りませんが、出来るならば元気で長生きが出来る社会にしたいので、今後も全力で健康への啓蒙活動及び健康予防法を伝えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

健康は歯から

あなたの肉体は、あなたの毎日の飲む物と食べる物と吸い込む物で基本形成されています。

つまり、口と鼻から取り入れる物によって作られていると云う事になります。

そこで大事になって来るのが、出来る限り良質な飲み物や食べ物を摂取すると共に、出来るだけ自然の空気の有る環境で生活することが求められます。

近年では健康意識の高まりもあって、健康情報が毎日無限に掘り出されては消えていきます。

例えば、有る食べ物に栄養が有ると分かり流行になりますとすぐに店頭では売り切れ続出になります。

もちろん健康に良い食べ物はございますのでオススメはしますが、でも結局は続かないと身になることは少ないように思います。

病気の原因のひとつは、慢性的な事が挙げられます。

1日や2日の過酷な労働をしても、その時には確かに疲労感や筋肉痛などの炎症は発生しても、それをリカバリーすることは大抵の場合、1週間から10日では元に戻っていると思います。

ところが、この過酷な肉体労働が何年も続けば段々と蓄積して、後からは様々な障害を引き起こす事になります。

食べ物や飲み物もそれと同じで、やはり短期的にいくら良い栄養を摂取していても、止めてしまいますと次第に効果は薄れていくことになります。

人間の身体は基本的に「循環」していますので、そのサイクルに組み込まれてから次第に成果が表れてきますが、そのサイクルに入り損ねると逆に良くない作用に転じる事になります。

季節も同じように循環していて、季節に合わせて衣服を調整しながら快適な生活を送っています。

食べ物にも旬の時期が有って、やはり季節に合わせた食べ物は積極的に摂取することをオススメしています。

日本人の主食は「米」になりますが、最近ではパン食の方も増えていると思います。

高齢化が進む中で、健康を維持していくことは必要不可欠です。

その為には、良質の水や良質の栄養を多く身体に入れてください。

出来るだけ自分に合った食性を、出来るだけ長く続けられるように、バランス良く摂取してください。

最大限の栄養の効果を得る為には、すり鉢でこねて出来る限り微細にして粉々にしていくように、自らの口の中に有る調理器具(歯と舌と唾液)をふんだんに活用して、ゆっくりと味の濃淡を噛み締めるようにしてみてください。

毎日たったこれだけで、将来の健康寿命は飛躍的に向上することでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

キレイな毛細血管の作り方

健康はキレイな血液からですが、血液と血管との関係は切っても切れない関係にあることは、

ご説明する必要がないことでしょう。

全身を隈なく流れる血液には、良質な血管が必要不可欠になります。

毎日の生活では、毛細血管を意識する事など無いように思いがちですが、顔が赤くなったり、顔色が良いとか、唇の色が紫色になったりするのも、結果的には毛細血管の働きによるものです。

私達の会社でも約10年位前から毛細血管を観察出来る顕微鏡を使用して、お客様の健康維持や改善の目安に役立てています。

今まで数多くの方々の観察をして気付いた事は、良い毛細血管に年齢は関係が無いと云うことです。

たいていの人は、観察前に「私は歳だからね~!」なんて事をおっしゃいますが、意外にも若い方のほうが良い毛細血管が少ないように思います。

良い毛細血管とは、長く真っすぐしている事が特徴になります。

逆に良くない毛細血管とは、曲がりくねっていたり、血管が太っていたり、ゴースト化していたり・・・

結局のところ昔から云われているとおり、人間の身体は食べた物が「血」となり「肉」となり「骨」となると云う事に尽きるのだと思います。

しかし、今日自分に合った良い食事をしたとしても、それが身につくのは3ヶ月はかかります。

それだけに、毎日の食事の重要性は計り知れないと云うことです。

外食が多いとか、ストレス過多や、疲労困憊や、睡眠不足などは、毛細血管に大きなダメージを与えることになります。

そこで良い毛細血管の作り方ですが、お勧めの食品が1つあるとすれば、ズバリそれは「お味噌汁」です。

もちろんその他の発酵食品も良いとは思いますが、今までの良い毛細血管をお持ちの方の食歴を調べると、圧倒的に毎日必ず1回は「お味噌汁」を摂取していると云う統計になりました。

是非とも良い毛細血管を手に入れる為に、十分に出汁を取った本当の「お味噌汁」を毎日の生活に取り入れてください。

そして半年か1年に1回は、毛細血管の観察をしてみてください。

 

 

 

ラウンドヒルイメージ

 

 

 

 

 

 

 

病気は気から

東洋医学で云う「気(き)」「血(けつ)」「水(水)」の巡りは、健康を維持する上で大変重要なコンセプトになります。

西洋医学は人体の臓器や細胞レベルで判断するミクロ的な着眼点ですが、東洋医学では人体を全体で診て判断するマクロ的な着眼点で、病気の解明を進めていきます。

どちらが良いか?と云うと、どちらとも良いです。

両極に有るように思えますが、突き詰めるとどちらの考え方も大切です。

一番重要な事は、病気になった時に早期に回復させる事(元気になる事)であって、それ以上でもそれ以下でも有りません。

昨今は高年齢化や医療技術の進歩に伴って、50年前とは全く違う現象が多くなりました。

寝たきり介護の増加や認知症の増加は、誰もが将来になりたくない現実ではないかと思います。

誰しもが日々年をとっていく事は当たり前で、老化現象も当然のごとく少しづつ発生してきます。

元気で長生きしたいのは誰もが望むところですが、現実は所どころ故障箇所が有りますと極端に不安になり、家族へ迷惑が掛からないように早くお迎えを待つ気持ちも芽生えてきます。

お気持ちは、良く解ります。

いくら医療技術が発達したとはいえ、いくら介護施設が充実し増加しているとはいえ、それだけで解決することは有りません。

健康な状態とは単に心身が健康であるばかりではなく、家族や社会との強い繋がりがとても重要になります。

不幸にも病気になってしまっても、必ずその病気を治せる人や知恵が存在しています。

「良い先生」や「良い薬」や「良い方法」に出会う事で、劇的に病が改善することも少なく有りません。

大難は小難に小難は無難にしていくためにも、毎日の生活の中の些細な出来事や出会いに注意をしてみては如何でしょうか?

今までは気付かなかった素敵な出来事が、実は周りでは連続で起こっていた事が有るのかもしれません。

大病になった方の多くがおっしゃる話しの中に、今まで当たり前だと思っていた事が、こんなにも幸せなことであったと改めて気付かされましたとお話しをされる清々しい瞳の奥に、人生の本当の素晴らしさを伝授してもらいます。

もしかすると、病気とは大切な何かを気付かせてくれる為に起こるものなのかもしれません。

 

 

健康は、足し算と引き算

20年位前には成人病と云われていた病気も、今ではすっかり生活習慣病と云う名前に代わりました。

成人病とは、その名の通りに成人が罹るものであったが為でした。

成人病とは言っても早くても40歳位以降からで、大体50歳から高血圧症や肥満症や糖尿病などの病気が出ていたように記憶しています。

特に成人病では、遺伝的要因が大きく影響していて、親や兄弟や近親者に現れていた病気に罹患する確率が高いようです。

しかし現代では、遺伝的要素が無かった家系でも多種多様な病気が発生していて、小中高生などの子供時代から高血圧症や肥満症や糖尿病などの病気の罹患率も少なくありません。

①食事 ②運動 ③睡眠 ④ストレス ⑤環境 などの要因で、健康になるのか病気になるのかの違いが有ります。

つまりは、毎日の生活の習慣の積み重ねによって作られる病気故に「生活習慣病」と云うネーミングは、まさに的を得た言葉であります。

私達が長年開催している健康セミナーのテーマは、常に「生活習慣病改善セミナー」ですが、現代の多くの病気の原因が毎日の生活の習慣に寄って作られたなら、その毎日の生活の習慣の足りていない部分を足したり、過剰な部分を引いたりする事で、健康になる習慣への道が開かれていきます。

大雑把に云えば、年中健康な人は、その方特有の「健康な習慣」になっていますし、年中病気がちな人は、その方特有の「病気の習慣」になっています。

習慣の一番怖いところは、「無意識のうちに行われている」と云う事です。

私達「健康管理士」の仕事は、その無意識の習慣を見つけ出して、有意識的に習慣を改善し、日々良好な生活を過ごしていただくことになります。

病気に成るのにも長い時間が掛かっていますが、失った健康を取り戻すのも長く時間は掛かります。

しかし、健康に成っていく過程は、何物にも変えられない位の喜びや楽しみや感動が有ります!

残念ですが人は失って初めて、その価値に気付くように出来ています。

健康な身体こそがあなたの資本で有り、活力ある人生の幅を大きく広げます。

最高の人生を送る為に、あなたにとっての最上級の健康生活習慣を手に入れてください。

 

病気予防