健診・検診を使いこなす ②

医療機関での健診は、それぞれの病院で若干の違いが有ります。

それは、「測定機材などの性能」や「指導する側の技量」です。

医療機器の機材の進歩や医療業界の研究は、日進月歩の世界です。

やはり最新機材の精密度には、敵いません。それよりも重要な事は、診断指導する側の技量です。

健診を受けるのも、出来る事なら2つくらいの医療機関で、1年に2回受診することも可能な時代です。

健康寿命を延ばすには、まずは自分の身体の状態を正確に知ることから始まります。

自分の身は、出来るだけ自分で守ってあげたいものです。

 

 

★人間ドックは、より詳しい健診

人間ドックは個人の意思で受ける健診です。

定期健診や特定健診の検査項目に加えて、がん検診もカバーできるのも特徴の1つです。

2014年の統計では、全受診者のうち約93%に異常が見つかったことが分かっています。

人間ドックの検査項目の特徴は、臓器によって専門的な検査が行える点です。

心臓、肺、胃、腸、肝臓、胆のう、膵臓、腎臓のほか、男性では前立腺、女性では子宮や卵巣などの検査があります。

★脳卒中の予防にも役立つ脳ドック

「脳ドック」とは、脳に関連する疾患の検査を専門的に行うものです。

中高年になると発症のリスクが高まる脳梗塞や脳出血など脳卒中の予防に有効です。

★五大がんの早期発見に有効

がんの診断と治療法は着実に進歩しており、早期発見・早期治療が可能になっています。

以前と比較して根治を目指せるケースも増えています。

そのためには何より、早期にがんを見つけることがポイントです。

早期発見から早期治療へとつなげるように、制度を利用することが大切です。

自治体のがん検診はスクリーニングに役立つ

自治体のがん検診は、無症状の人を対象にしているのがポイントです。

健診によってがんの疑いがあるかどうか大きくスクリーニング(ふるい分け)して、精密検査が必要な人を見つけるのが目的だからです。

①胃がん健診→胃部エックス線検査または胃内視鏡検査→50歳以上・2年に1回

②大腸がん健診→便潜血検査→40歳以上・毎年

③肺がん検診→胸部エックス線検査、必要に応じて喀痰細胞診を併用→40歳以上・毎年

④乳がん検診→マンモグラフィ検査→40歳以上・2年に1回

⑤子宮頸がん検診→細胞診→20歳以上・2年に1回

★精密検査とハイリスクグループ精密検査が必要になったからといっても必ずしもがんとは限りませんが、放置することがないようにします。

①胃がんはピロリ菌の感染と萎縮性胃炎がポイント

胃がんの早期発見にはピロリ菌に感染しているか、萎縮性胃炎になっていないかどうかを調べたのち、陽性なら定期的に胃の内視鏡検査を受けると効果的です。

大腸がんは女性に多いことを知っておく

2014年のがんの部位別死亡者数では、男性が3位、女性は1位になっており、女性は最も注意が必要です。

がん検診の便潜血検査で要精密検査となった場合は、大腸の内視鏡検査を受けます。

③肺がんは喫煙年数が長い人ほど検査を

肺がんには加齢や遺伝的要因や、環境的な要因が関係していますが、最も強く関係しているのが「喫煙」です。

「1日の喫煙本数×喫煙年数」で算出した喫煙指数が400以上になるとハイリスクグループに分類されて、タバコを吸わない人に比べて5倍程度肺がんになりやすいといわれています。

(例)喫煙指数の計算方法

1日20本×30年=600指数

肺がんの早期発見には胸部エックス線検査と、重度喫煙者に対しては喀痰細胞診(かくたんさいぼうしん)を併用します。

④乳癌は女性ホルモンとの関連が強い

乳癌の約6割は女性ホルモンのエストロゲンによる影響でがん細胞が増えるタイプであるため、「初潮が11歳以下」「閉経が55歳以上」「初産が30歳以上、あるいは出産経験がない」といった項目に該当する人は乳癌のリスクが高くなります。

子宮頸がんはHPV(ヒトパピローマウイルス)感染の有無がポイント

子宮頸がんのほとんどは、HPV (ヒトパピローマウイルス)の感染により起こります。

★特定の細菌、ウイルスが原因となるがんもある

全世界では持続感染が関連するがんの割合は、約18%と推計されています。

アメリカをはじめとする先進国では9%ほど、発展途上国では23%となっています。

しかし、日本は先進国の中では高めの約20%となっています。

その理由は、胃がんや肝がんが多いためで、B型やC型の肝炎ウイルス、ピロリ菌の感染者の多さが影響していると考えられています。

 

以上で、第6章 検診・検診を使いこなすの後半を終了します。

日本健康マスター検定の公式テキスト NHK出版より要点を抜粋して記載しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健診・検診を使いこなす ①

現代医学の特徴は、測定にありと言っても過言ではないと思います。

体の内部は基より、身体のすみずみまで、さらには遺伝子や細胞レベルまで測定が可能になってきました。

しかし、それは測定を受診したから分かることで、受診をしなければ何も分かりません。

調べたら何か分かるから怖いと云うお気持ちは良く解りますが、知らないで手遅れになるよりはまだマシだと思います。

せめて、1年に一度は「血液検査」をオススメします。

 

★病気の予防・早期発見には健診を活用する

「健康診断(健診)」は、病気の予防と早期発見を目的として受けるものです。

もし検査で何らかの異常が見つかったとしても、すぐに治療を開始出来るメリットがあります。

つまり、ある日突然、病気で倒れる事態に陥るのを防ぐには、健診を受けて自分の体の状態をしっかりと把握しておくことが大切なのです。

★主な健診

①一般健診(定期健診):1年に1回定期的に受ける

②特定健診(メタボ健診):40~74歳が対象

➡メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を中心に、糖尿病や高血圧、脂質異常症などリスクの有無を検査

③がん検診

➡対策型:五大がん(胃がん、大腸がん、肺がん、乳癌、子宮頸がん)の早期発見の為の検査診断。

➡任意型:医療機関などが任意で行う検診

★検査には定期的に受けるものと任意のものがある

・職場などで年に1回実施される「一般健康診断」は、「定期健診」の代表的なものです。

・「特定健康診査(メタボ健診)」40~74歳の人を対象に、生活習慣病の予防と早期発見を目的として行われています。

対策型がん検診は、主に自治体が中心となって行っており、”五大がん”と呼ばれる胃がん、大腸がん、乳癌、

子宮頸がん、の早期発見を目的とした検査です。

「人間ドック」は個人の意思で受ける健診で、定期健診よりもさらに詳しく、がん検診も含めた検査を受けられ

ます。

健診で行う主な検査項目

①身体測定→身長、体重、腹囲の測定、BMIの算出により肥満や痩せの状態をみる

②血圧測定→収縮期血圧(最大血圧)、拡張期血圧(最小血圧)の測定により高血圧・低血圧の測定をする

③血液検査→赤血球や白血球の血球数、ヘモグロビンなどの血液一般検査のほか、糖代謝、脂質代謝、肝機能、

尿酸代謝、腎機能などを調べる

④尿検査→尿たんぱくにより腎機能を、尿糖により糖代謝を調べる

⑤便検査→便潜血反応検査により消化管の状態を調べる

⑥エックス線検査→胸部エックス線検査では肺と心臓を、胃部エックス線検査では食道・胃・十二指腸を調べる

⑦超音波検査→腹部の超音波(エコー)検査により肝臓、胆のう、膵臓、腎臓などを調べる

⑧心電図検査→安静時心電図検査により心臓の状態を調べる

★病気の可能性があるかわかる

自覚症状がなく、本人が気付かないうちに何らかの病気が起こり始めている場合でも、検査を受ければ早期に発見できる確率が高くなります。

★血液検査から血管の傷付き具合もわかる

・検診では各種の血液検査が行われますが、血液からわかる体の情報は多岐にわたります。

・血液の状態を調べると全身の血管の健康状態を推測することも可能です。

★血液検査から肝機能の状態を確認する

・肝臓は別名を「沈黙の臓器」といい、何らかの異常があっても症状が現れにくい特徴があるため、異常を見つけ

るには、血液検査が欠かせません。

・B型肝炎やC型肝炎などの肝炎ウイルスに感染しているかどうかも血液検査で調べます。

コレステロール値などから冠動脈疾患のリスクがわかる

血液中の糖や中性脂肪、コレステロールが多過ぎるとやはり動脈硬化が進行して血管が狭くなったり、部分的に詰まったりします。

すると、冠動脈疾患の狭心症心筋梗塞をはじめ、脳梗塞脳出血などの脳血管疾患といった重大な病気のリスクが高くなります。

このように血液の性状によって血管の傷付き具合や、さらにはそれによって引き起こされる病気も予測することができるのです。

健診の結果を受け取り、再検査および精密検査を指示されたときは必ず検査を受けましょう

 

以上で、第6章 健診・検診を使いこなす 前半部分を終了します。

日本健康マスター検定の公式テキスト NHK出版より要点のみ抜粋して記載しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

睡眠と心の健康 ③

便利な世の中になって、高度な文明を持ったが故の病気が「心の病気」です。

情報が氾濫して、様々な知識を駆使して生活して行く現在の日本では、脳内知識は膨大に蓄積されても心は昔のままなのかもしれません。

高度文明の進化のスピードや、瞬時に移動可能な交通手段や携帯電話などの連絡ツールなど、50年前には想像できなかった、とてつもなく便利な世界が広がっています。

健康の分野の最新情報も、元気で長生き出来るように上手に活用していきたいものです。

 

★心の病気の中で、潜在的な患者数が最も多い「不安症」

「不安症」➡必要以上に不安や恐怖感が高じてしまい、日常生活にも支障をきたす状態。

不安症とはいくつかの病気の総称で、代表的な病気に「パニック症」「社交不安症」があります。

★”性格のせい”と思い込まずに、適切な治療を受けることが大切

不安症は心の病気の1つで、治療によって症状が改善するものだと理解することが大切です。

不安症を放っておくと、アルコール依存症やうつ病などにつながることもあります。

★仕事上のストレスや過労が発症のきっかけになる

WHOの調査によると、日本人の健康寿命を脅かす病気のうち、うつ病は、脳血管疾患、認知症に次ぐ第3位であることが分かりました。

自殺の原因になることもあり、命に関わる重大な病気です。

働き盛りのうつ病では、仕事上のストレスをきっかけにして発症するケースが多くみられます。

「気分の落ち込み(抑うつ気分)」「何事にも興味がもてず、楽しいはずのことが楽しめない(興味・喜びの喪失)」のうちどちらか1つでも、多少の波はあっても2週間以上、毎日続くようなら、医療機関を受診することが勧められます。

休職して治療に専念することが、回復の道になることも

うつ病と診断された場合、症状が落ち着くまでには、最短でも2~3ヶ月間、長ければ1~2年間かかることもあります。

うつ病の患者さんのなかには、自分を責めて、会社を辞めるという決断をする人もいます。

その後の人生に大きな影響を及ぼす可能性があるので、うつ病の症状が現れている状態で大きな決断をしないよう、上司や同僚からもアドバイスすることが大切です。

復職は焦らず慎重に

症状が改善しても、すぐに職場に復帰すると、再び症状が悪化するおそれがあります。

復職する前に、1日の生活のリズムを取り戻す訓練を行うことが大切です。

産後は10%の女性がうつ病を発症する

産後2~3週間目ごろから1年くらいの間に発症するうつ病を、産後うつ病(産褥期うつ病)といいます。

決して珍しい病気ではなく、産後の女性のおよそ10.3%にみられるとされています。

マタニティ・ブルーズ

・発症期間➡産後すぐから、10日くらい

・発症率➡30~50%

・経過と対処➡長くても1週間程度で自然に回復

②産後うつ病

・発症時期➡産後2,3週間以降~1年ぐらい

・発症率➡約10%

・経過と対処➡対処や治療が必要

子供とのスキンシップが不足したり、適切なケアができなくなったりするため、子供の発育にとっても重大な影響を及ぼすのです。

産後うつ病の治療でまず大切なことは、十分な休養です。

★月経前にうつ病のような症状が現れることも

月経前に「イライラする」「気分が落ち込む」「頭痛」「腹痛」といった症状が現れる女性は少なくありません。

米国精神医学会の分類(DSM-5)では、このような月経に伴う症状が毎回現れて、それが日常生活に大きな支障を及ぼす場合を、月経前不快気分障害(PMDD)といううつ病の一種としています。

★高齢者は見逃されやすい

うつ病は、高齢者にも多くみられます。

特に、60~70代の女性に非常に多いことが分かっています。

高齢者にうつ病が起こりやすいということは、一般にはあまり知られていません。

「活気がなくなって引きこもりがちになる」「物事への興味がなくなる」といった症状は、アルツハイマー型認知症によく似ています

うつ病の場合は、もの忘れをする自分を責めるが、認知症の初期には、何か理由をつけて取り繕おうとします。

うつ病と認知症は、間違われやすいだけではなく、合併していることも少なくありません。

認知症の場合、10~20%がうつ病を合併しているというデータがあります。

高齢者のうつ病を予防したり、症状を軽減したりするには、趣味や家事などの”役割”を持つことが効果的です。

★職場のメンタルヘルス

労働者の心の病気を未然に防ぐために、2015年12月から、法律により労働者50人以上の事業所に対して「ストレスチェック制度」が義務付けられました。

ストレスチェックは、1年以内ごとに1回実施し、職業性ストレス簡易調査票(57項目の質問票)を使って、

「仕事のストレス要因」「心身のストレス反応」「周囲からのサポート」などの項目を、4段階で自己評価します。

★注意すべき兆候が見られたら、直ちに受診を促す

バブル崩壊後の1998年に急増して以来、14年間以上にわたって自殺者数は、年間3万人を超えていました。

ここ数年はやや減少傾向にありますが、それでも2万4,000人余りとなっています。

自殺による死亡者は、男性が女性の2倍も多く、40~60歳代に多いという傾向があります。

 

以上で、第5章 睡眠と心の健康の後半を終わります。

日本健康マスター検定の公式テキスト NHK出版より要点を抜粋して記載しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

睡眠と心の健康 ②

睡眠については、健康とは密接な関わりがあって、赤ちゃんを見ていれば分かる通り「寝る子は育つ」です。

寝ている間に、細胞は成長や修復を行っています。

良い睡眠を取るためには、「睡眠」のことを理解する必要があります。

 

★年齢によって睡眠の質や抱える悩みは変化する

睡眠に関する思い込みや誤解が、睡眠の悩みの原因になっていることもあります。

よくあるのが、「健康には8時間睡眠が理想」という誤解です。

脳が必要とする睡眠の量は、高齢になるほど減少する傾向にあります。

25歳の平均が約7時間であるのに対して、45歳は約6.5時間65歳は約6時間が平均です。

およそ6~8時間程度が標準的な睡眠時間の目安といえますが、睡眠時間の長さだけにこだわり過ぎないことが大切です。

★睡眠不足で生活習慣病に!?

睡眠が不足すると、身体に様々な変調が現れます。

睡眠不足は、心の健康にも大きな影響を与えます。

65歳以上で寝つきの悪い人は、3年後にうつ症状(抑うつ気分)をもつ確率が非常に高くなるという報告があります。

さらに、アルツハイマー型認知症の患者さんの脳内で大量に見られる老廃物(アミロイドβたんぱく)は、睡眠の量が不足したり、睡眠の質が低下したりすると、その蓄積が促進されるとの報告もあります。

この老廃物は、睡眠によって排出が進むことも分かっています。

★命に関わることもある怖いいびき

睡眠を妨げる病気として代表的なのが、睡眠時無呼吸症候群です。

大きないびきとともに、睡眠中に何度も呼吸が止まる病気です。

日本での潜在的な患者数は約200万人以上と推定されていますが、実際に治療している人は、その1割程度です。

無呼吸の間は、体が低酸素状態になるので、そのたびに脳が防衛的に目覚めて、呼吸が再開されます。

そのため、熟睡できずに睡眠不足になってしまいます。

睡眠不足が続くと、「日中の耐えられないほどの眠気」や「倦怠感」や「起床時の頭痛」や「うつ状態」が現れて、日常の生活に支障が出ることも少なく有りません。

また、重症化したまま放置していると、心筋梗塞や脳梗塞による死亡率が、健康な人の3倍になるというデータもあるのです。

また、肥満のある人は、睡眠時無呼吸症候群が起こりやすいので、特に注意が必要です。

★持病が多い人ほど不眠になりやすい

寝床に入ると、足がムズムズして眠れなくなる「レストレスレッグス(むずむず脚症候群)」や、睡眠中に足がピクピクと動き、目が覚めてしまう「周期性四肢運動障害」なども不眠の原因になります。

医療機関では、隠れている病気の有無を調べ、病気があればその治療を行います。

病気が無い場合には、不眠のタイプを調べ、生活習慣の改善指導や睡眠薬による治療などが行われます。

睡眠日誌をつけて”睡眠の誤解”を解消する

睡眠日誌を付けて、正確に自分の睡眠状態を把握することが、誤解の解消に有効です。

よく眠れていないと思っている人でも、「途中で何度か目覚めたが、合計の睡眠時間は約7時間ある」といったことに気付くことがあります。

日中の眠気がなく、活発に活動できる状態の日の睡眠時間が、自分にとっての十分な睡眠時間です。

眠気が無いのに寝床にしがみつくのは逆効果

日常生活のちょっとした工夫も、睡眠の悩みの改善に役立ちます。

入浴は、ぬるめのお湯で、就寝したい時間の1時間前くらいに済ませると寝つきが良くなります。

無理に長時間眠る必要はないと分かっていても、眠れないまま布団の中にいるのはつらいものです。

そんな時にはいったん寝床から離れて、眠くなったら寝室に行くようにしましょう

★起床時間を一定にして体内時計を整える

体内時計は、脳の視交叉上核(しこうさじょうかく)という部位にあり、1日の体の活動や休息のリズムを調整しています。

体内時計は、本来1日25時間のリズムなので、放っておくと毎日1時間づつずれていきます

このズレを修正しているのが、太陽の光です。

朝、太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ、そこから約15時間後に眠気が起こる仕組みになっています。

 

以上で、第5章 睡眠と心の健康 中盤を終了します。

日本健康マスター検定の公式テキスト NHK出版より要点を抜粋して記載しております。

 

 

 

 

 

睡眠と心の健康 ①

ストレスの問題は、加齢と共に深刻になっていきます。

若い時分には何事も感じていなかった方でも、加齢と共に発散や解消する事が難しくなって来て、結果的には精神疾患やうつなどに悩まされている方は次第に増加傾向です。

 

★ストレスはゼロでも過剰でも不調の原因になる

”ストレス=体に悪いもの”と思われがちですが、実は適度なストレスは心身にとって必要不可欠なものです。

適度なストレスは、自らを奮い立たせる活力となります。

しかし、過度なストレスがたまると、心身に様々な異常が現れてきます。

ストレスの原因は、主に職場や家庭で起こる出来事やトラブルで、米国精神医学会の分類では、急性持続性に分けられます。

2012年の厚生労働省の調査では、ストレスの原因では、「職場の人間関係」を挙げた人が41%で最も多く、次いで「仕事の質」が33%、「仕事の量」が30%でした。

一方で、心療内科を受診する患者さんでは、仕事の問題と同等の割合で、家族の問題によるストレスを抱えています。

★「心」「体」「行動」の変化があれば要注意

多かれ少なかれ誰しもがストレスを抱えていますが、ストレスをためやすいかどうかには個人差があります。

ストレスと上手に付き合っていくコツは、「自分のストレスに気付くこと」です。

ストレスがたまってきていることにいち早く気付ければ、ストレスを解消するための、適切な対応をとることが出来ます。

ただ、”それなしではいられない”という程度になると、依存症を招くことがありますので、注意が必要です。

★残業が多いと心筋梗塞の発症率が上がる

週の労働時間が60時間以上の長時間労働者は、40時間以下の人よりも急性心筋梗塞の発症率が高いことや、糖尿病のリスクが高まることが指摘されています。

長時間労働による心身への過度なストレスが原因になっていると考えられます。

★筋肉を緩めて心身をリラックスさせる筋施緩法

リラックスとは、ストレスと対極の状態で、心と体の緊張が解けて安らかな状態を指します。

ストレスは、意識しなくても自然にたまってしまうものですが、自動的にリラックスすることはできません。

意識的にリラックスする方法を、身に付けましょう。

「筋弛緩法」は、手や腕などに意図的に力を入れて、その後の脱力を感じる体操です。

筋肉がリラックスした”という信号を脳に送り、脳の興奮を抑えて心と体をリラックスさせます。

不安症の治療にも取り入れられています。

体操中は、6秒間ほどかけて口から息を吐き、3秒間ほどかけてかけて鼻から息を吸う腹式呼吸を心がけましょう。

★筋弛緩法の一例

①肩の体操

➡両肩に力を入れて肩をすくめる。

➡10秒間ほど経ったら脱力して両肩を落とし、15秒間ほどリラックスする。

➡これを数回繰り返す。

②顔の体操(上半分を動かす)

➡おでこにしわを作るように眉を上げ、約10秒間保つ。

➡力を抜いて約15秒間リラックスする。

➡これを数回繰り返す。

③顔の体操(下半分を動かす)

➡舌を出来るだけ前へ伸ばして、10秒間ほど保つ。

➡脱力して15秒間ほどリラックスする。

➡これを数回繰り返す。

★自律神経をコントロールする自律訓練法

心身の状態は、自律神経と深く関係しています。

自律神経には交感神経副交感神経があり、ストレスを感じているときは、交感神経の活動が活発になって、心が興奮したり、心拍数や血圧が上がってしまいます。

そこで、心を落ち着かせて、心拍数や血圧を安定させる副交感神経を働かせて自律神経のバランスを整えると、心身がリラックスします。これが、「自律訓練法」です。

★認知行動療法で物事のとらえ方を少しづつ変えていく

ふだんとは違うとらえ方を探るトレーニングを「認知行動療法」といいます。

間違った考え方を修正するのではなく、自分の考え方を分析して、その偏りに気付くことが目的です。

偏ったものの見方は、うつ病の発症につながることもあります。

認知行動療法は、うつ病の予防や治療としても取り入れられています。

★自己主張のトレーニングや瞑想もストレス解消に有効

ストレスの原因を調査すると、必ず1位になるのが対人関係です。

対人関係を円滑に運ぶためには、相手を傷つけずに自分の思っていることを伝え、理解し合うことが必要です。

それを実現するためには、「自己主張のトレーニング(アサーション)」が効果的です。

また、一度失敗すると「明日も失敗するかもしれない」などと思い込み、ストレスを感じることがあります。

このように、頭で考えた世界と現実を取り間違えてしまうことがストレスの原因となるのです。

そこで、気持ちを今に向けて、「現実をありのままに知覚する状態(マインドフルネス)」を目指すトレーニングも有効です。

ストレス解消にも効果的なヨガ瞑想は、この状態をつくり、心身をリラックスさせることが目標のひとつです。

 

以上で、第5章 睡眠と心の健康 前半部分を終了します。

日本健康マスター検定の公式テキスト NHK出版より要点を抜粋して記載しております。