健康は、足し算と引き算

20年位前には成人病と云われていた病気も、今ではすっかり生活習慣病と云う名前に代わりました。

成人病とは、その名の通りに成人が罹るものであったが為でした。

成人病とは言っても早くても40歳位以降からで、大体50歳から高血圧症や肥満症や糖尿病などの病気が出ていたように記憶しています。

特に成人病では、遺伝的要因が大きく影響していて、親や兄弟や近親者に現れていた病気に罹患する確率が高いようです。

しかし現代では、遺伝的要素が無かった家系でも多種多様な病気が発生していて、小中高生などの子供時代から高血圧症や肥満症や糖尿病などの病気の罹患率も少なくありません。

①食事 ②運動 ③睡眠 ④ストレス ⑤環境 などの要因で、健康になるのか病気になるのかの違いが有ります。

つまりは、毎日の生活の習慣の積み重ねによって作られる病気故に「生活習慣病」と云うネーミングは、まさに的を得た言葉であります。

私達が長年開催している健康セミナーのテーマは、常に「生活習慣病改善セミナー」ですが、現代の多くの病気の原因が毎日の生活の習慣に寄って作られたなら、その毎日の生活の習慣の足りていない部分を足したり、過剰な部分を引いたりする事で、健康になる習慣への道が開かれていきます。

大雑把に云えば、年中健康な人は、その方特有の「健康な習慣」になっていますし、年中病気がちな人は、その方特有の「病気の習慣」になっています。

習慣の一番怖いところは、「無意識のうちに行われている」と云う事です。

私達「健康管理士」の仕事は、その無意識の習慣を見つけ出して、有意識的に習慣を改善し、日々良好な生活を過ごしていただくことになります。

病気に成るのにも長い時間が掛かっていますが、失った健康を取り戻すのも長く時間は掛かります。

しかし、健康に成っていく過程は、何物にも変えられない位の喜びや楽しみや感動が有ります!

残念ですが人は失って初めて、その価値に気付くように出来ています。

健康な身体こそがあなたの資本で有り、活力ある人生の幅を大きく広げます。

最高の人生を送る為に、あなたにとっての最上級の健康生活習慣を手に入れてください。

 

病気予防

 

 

 

血液の流れはバランスが大事

人体は2足歩行を始めてから劇的に進化した事はご存知の通りですが、

その2足歩行のお陰で、骨盤の負担や脊髄の負担や頭部の重さに対する負担など、

年齢を重ねれば重ねていくほど、様々な劣化が出てきます。

特に4足歩行の動物との違いは、心臓の位置が高くなることによって、

頭部や手や足の血液の流れに、差異が生じてくる事が一番の問題のように思います。

睡眠時には横になることによって、地球の引力や重力に対して、血液の流れは平行移動することが出来ます。

1日24時間の内に平均8時間は睡眠時間にあてられますが、寝ている間に人体内部では、修理修復が盛んに

行われています。

赤ちゃんも寝ている時に大きくなるのですが、昔から「寝る子は育つ」と云う事も当てはまります。

本題に戻りますが、両手両足のそれぞれの血液の流れは健康な方ほど、ほとんど左右対称となります。

身体に不具合が出てくると、その前からその部位の源から血液の流れは少なくなります。

例えば右膝が痛いと云う時には、左足の血液の流れより右足の血液の流れは悪くなっています。

血液の流れが回復してくると、次第に自然治癒力が発揮されて治りやすくなります。

病院で処方されるお薬には、血流を良くするお薬があるのはそのためです。

右手左手右足左足のそれぞれに十分な血液の流れが有る事も重要ですが、右手左手の血液の流れのバランス、

右足左足の血液の流れのバランスこそが、快適な健康生活を営むにはとても大切になります。

 

健康は血から

健康な人は、血がキレイです。

血をキレイにするには、①良い飲み物 ②良い食べ物 ③良好な精神状態ですが、

人間が生活をしている以上、環境や老化に左右される事は仕方ありません。

まずは、今の自分の血液の状態を知る事が一番重要です。

そのためには、最低でも半年くらい、出来れば3ヶ月~4ヶ月ごとに

医療機関などで、血液検査を受診することをお勧めします。

検査表は保管しておくと、自分自身のデータとして後で活用も可能です!

春先には野草を積極的に摂る

sakura

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬場に溜まった体内毒素を排出するには、昔から先人達は野草を活用してきました。

ヨモギを練りこんだ団子などや、灰汁を使用したアクマキなどは代表選手ですが、

春の七草粥も有名ですね。

ドクダミなどは、どくだみ茶などでよく飲まれていました。

オススメは、ヨモギやつくしなどの野草を採って来て、天麩羅にして摂取する事が

手軽にできると思います。

但し、野草はアクが強いので、摂りすぎには十分にご注意ください。