健康を維持するためには

「食事」・「睡眠」・「運動」・「ストレス」の項目が、健康にとって大切な4つの柱になります。

その4つの項目を十分に配慮していても、加齢に伴っていろいろと健康不安は出てきます。

例えば、「腰が痛い」「肩がこる」「膝が痛い」「からだがだるい」「疲れがとれない」「やる気がでない」等々、人それぞれが千差万別な健康不安を大なり小なり持っています。

原因はそれぞれですが、解決するためには原因を究明して解決に導くことが大切です。

そのままにしておくと、大病に繋がることも少なくはありません。

自分自身で解決出来ない場合には、①良い先生を見つける。または、紹介してもらう。②自分に合った良い薬や良い健康食品などを見つける。または、紹介してもらうなどの2つの手段をお勧めしています。

その際のポイントは3回で改善しない場合には、次のものを試すと云うことです。

例えば、腰痛があったので友人の紹介で腰痛を直す治療院をお勧めされたので5回通いました。

5回通っているけれど以前とあまり変わらないようでしたら、別な先生を探した方が良いと思います。

なんでも相性がありますので、うまくいく場合には大抵の場合1~2回位で改善に向かいます。

極端に云うと例え腰痛が改善していなくても、「気分が良くなった」「不安がなくなった」「希望が出てきた」などの感情に変化が現れたら多分うまくいきます。

健康とは意外とそういう部分が多くて、「元気に見える人」とは全く病気が無い人のことではなくて、例え病気が有ってもその病気と前向きに向き合って、毎日ハツラツと過ごしている状態であるように思います。

前向きに向き合う為には、前向きにさせる何かが必ずあるものです。

あなたの悩みや不安を解決出来る人やモノや薬などは、必ずこの世には存在しています。

その存在を信じて少しずつでも近づく努力こそが、健康を維持していく為には必要なことなのです。

 

 

杖をお勧めする理由とは

杖の使用をお勧めしている理由は、①安定感が増す事。②推進力を利用出来る事。③ケガを予防出来る事。の3つになります。

人間は、産まれてほどなくして寝返り動作をして這い這い運動に移行します。

這い這い運動の際には、4つ足になります。

その後、つかまり立ちをしながら歩行訓練をして2足歩行に移行していきます。

基本的な動作は、2足歩行になります。

しかしながら、現代人は人生100年と云われるくらいに劇的に長期に及びます。

これからの長い人生を、健康寿命を延ばして元気に長生きされるなら「杖」はなくてはならないアイテムの1つになります。

杖を持っていても、うまく活用出来ない方も多く見受けられます。

②の推進力を利用して前に進むように、うまく杖を活用してください。

多くの方は膝の痛みや歩行困難になってから杖を使い始めますが、それでは遅すぎます。

出来るだけ早い内から、元気な内からの使用がお勧めです。

両手に1本づつだと、4足歩行と同じように安定します。

自分の生活に合わせた使い方を、見つけてみてください。

山登りのケガや事故の8割は、後半や下り坂で発生しています。

転ばぬ先の杖は、人生の後半にはなくてはならないアイテムです。

 

 

 

 

転ばぬ先の杖

動物で有る人間は、動くことが基本的になります。

動く事は、乗り物を活用して移動することも含まれます。

現代人は、車・自転車・車椅子・タクシー・バス・飛行機・船等々を利用して移動されます。

多くの人の場合には、歩くことが基本になるでしょう。

私達が歩く場合には、2本足を片方づつを交互に地面に着けて進みます。

2本足の場合には、片方づつ宙に浮くので進行中には片足になります。

片足になることが、不安定な状態を作っています。

問題解消の為には、積極的に「杖を使う」ことです。

歩く時には、自分の足1本と杖の数だけ安定性が増します。

屋外だけではなく、室内でも杖の活用は重要です。

大人になると、転ぶとケガをし易くなります。

膝のような関節部分を保護するためにも、「杖」の活用をお勧めします。

 

 

 

新型コロナ対策 まとめ

新型コロナの対策として3回に分けて投稿しましたが、今回は大事な事をまとめておきます。

今回の新型コロナに有効なお薬やワクチンはいずれ登場しますが、感染しないように予防しておくことが一番重要な事になります。

①20秒以上の手洗いをして、手を清潔に保つ事。

※「口」「目」「鼻」などの粘膜から侵入しますので、とにかく手洗いやうがいをしておく事。

※人間は無意識のうちに、1日中手で顔を触る癖があります。

※マスクの一番の目的は、直接手で口や鼻を触らないようにする事の為に着用しています。

②十分な睡眠時間と十分な栄養摂取を行うこと。

※21時から就寝して、自然な目覚めで起床するまで寝ること。

※腸内免疫を高める為に、善玉菌のエサになるオリゴ糖や黒糖を活用すること。

※特に、サトウキビ由来の黒砂糖の摂取がお勧めです。

③偉大なる存在である神様や仏様やご先祖さまに「祈る」こと。

※目に見えないウイルスとの戦いには、目に見えない偉大なる存在の力に頼ることも大切です。

※医療従事者の方々が、24時間休まずに懸命に戦っていることに感謝して過ごすこと。

※出来るだけ多くの日本人が生き残るように、祈ることです。

 

世界中に拡がった新型コロナウイルスが、この世からすぐに消滅することはありません。

きっと人類と共存共栄していくことになるでしょう。

何年後かには皆に認知されて抑えられていくこととなるでしょうが、今は何よりも①感染しない事②仮に感染しても、他人に感染させない事が大切です。

まずは、①の感染しない事の為に今なにをすべきかを考えて行動する事が求められています。

新型コロナウイルスの収束を、心よりお祈り申し上げます。

 

 

新型コロナ対策 ③

「人類の最大の敵は、ウイルスである」

上記の言葉は私が過去に視聴した映画で、1995年に制作された「アウトブレイク」の冒頭の一文であります。

100年前に起こった「スペイン風邪」、200年前の「コレラ」、300年前の「ペスト」などなど、人類の歴史上数々の感染症が人類の生命を脅かして参りました。

今回の世界的な大流行の新型コロナウイルスが完全に消滅するわけではなくて、風邪やインフルエンザなどの感染症と同じように、いつの間にか認知されるウイルスの1つになります。

新型コロナウイルス対策として、効果的なマスクや消毒剤や使い捨て手袋やフェイスガードなの関連グッズなどが市場に出回りますので、人々の暮らしに安心が戻ります。

将来的には、PCR検査や抗体検査や簡易検査キットなどで誰もが容易に感染の有無が判断出来る日が来るでしょう。

ウイルスとの共存共栄を計っていくしか、人類の生きる道はないのです。

基本的な手洗いやうがいや人との接触や検温や体調管理に注意を払えば、基本的な仕事や生活は出来るようになります。

目に見えない存在であるウイルスから身を守ることは勿論の事ですが、心も守る必要が有ります。

科学的根拠はまったく有りませんが、太古の昔から人類は目に見えない敵との戦いには「祈る」ことをしてきました。

今回の新型コロナ対策では、「祈ること」をお伝えします。

目に見えない尊い存在である、「神様」や「仏様」や「ご先祖様」や「守護霊さま」やその他諸天善神八百万の神々さま方たち、ご自分が信じる目に見えない存在の力を「祈る」ことによって、自分の道を開いて生きる事です。

最後は「神頼み」と云いますが、最初から「神頼み」の方が今回の場合は都合が良さそうです。