赤十字

献血のススメ

献血を、オススメします。

特に男性の方々は、オススメです。

女性の方は、思春期頃から50歳くらいまで定期的な生理機能が備わっていて、自動で肉体を浄化する機能が備わっています。

ひと昔前なら、「血の気の多い男性」は喧嘩やケガなどをして、ときどき血を出していましたが、今の時代はそうもいきません。

そこで、オススメしているのが「献血」になります。

現在の医療機関では、出来るだけ自己輸血をしているようですが、緊急な場合やどうしても必要な場合には、献血された血液を利用しているはずです。

文明がいくら進化しても、この血液だけは作れません。

作ることが出来るのは、唯一人体の体内だけと云うことになります。

輸血にも賛否両論ありますが、命の重さには代えられません。

救える命ならば、輸血をしてでも助けてあげたいと思うのが、人の心だと思います。

私がオススメしている献血というのは、倫理的なお話しではなく、自らの健康増進の為にしてみませんか?というレベルのオススメになります。

20歳を超えたら1年に1回~4回を目安に、献血をしてみては如何でしょうか。

出来れば、「400㏄」か「成分献血」をオススメします。

1番のメリットは、無料で「血液検査」が出来るという事です。

現代医学では、血液の状態である程度の生活習慣病などを、予防や予見することが可能となっています。

肝機能検査や糖尿病やコレステロール値などなど

健康食品や運動の効果を知りたいなら、3ヶ月おきに血液検査をして、経過を見ていけば実態が客観的に確認することも可能となります。

すべてが解決することはありませんが、何も行動しないまま日々を過ごすよりは、よっぽど良いです。

2番目のメリットは、献血をする事で、体内の造血作用が活性化するという事です。

人体は必要があれば、自然治癒力を発現させて修復していくわけですから、必然的に少なくなった血液を、すみやかに作り出していきます。

この力を定期的に訓練することは、未だ解明出来ていない人体の素晴らしい機能を更に高めることになると思います。

3番目のメリットは、少しだけ誰かの為になっている感じがしてくる「心の豊かさ」に繋がっていくところです。

献血者数も年々減少していってるようですが、このまま高齢化が進んでいくと、献血可能年齢者の割合も急激に少なくなり、将来は輸血することも叶わなくなってしまう恐れが有ります。

今のうちに、まずは自分の為に献血をしてみたら如何でしょうか。

献血行動は、健康の証です!

 

 

 

 

 

味噌汁

お味噌汁のススメ

健康の調査を本格的に始めて、丸12年になりました。

食事や運動や睡眠やストレスなどのアンケート調査や、健康度合を観察する健康チェックなどを、主に60歳以上の方々へ実施して参りました。

個別訪問の方式と云うこともあり、その方の環境や生活習慣も併せて理解出来ました。

病気がちなご家庭には、特有の法則もなんとなく解るようになってきました。

現在の病気は、主に長年の生活の習慣から発生するということで「生活習慣病」と云われます。

その発生した病気の原因が「生活の習慣」ならば、その「生活の習慣」を少し変えてあげたら良いわけで、その生活の習慣の改善の1~3個くらいをアドバイスするようになっていきました。

半年から1年くらいで人体の細胞を入れ替えられますので、だいたい半年から1年毎に定期訪問をしていきますと、その本人では気付かない変化を見ることが出来ました。

健康になることの原理はとても簡単なことで、過剰な部分は引いてあげて、足りない部分は足してあげることの「たし算とひき算」になります。

難しいところは、「どこが多いのか?」「どこが少ないのか?」というところが本人では解らないところです。

野生動物と同じように、人間も基本的に「健康体」が当たり前のことです。

そもそも人間の肉体は、病気をするように出来てはいないのです。

もちろん、加齢に伴っての老化現象は出現してきます。

野生動物にとっての病気とは、寿命を意味するでしょうから一概には言えませんが・・・

しかし野生動物には、「生活習慣病」というものはほぼありません。

人間が飼育している、ペットには人間と同じように「生活習慣病」があります。

生活習慣病とは、文明の発展と恩恵を受けた代償なのかもしれません。

病気をしてしまうことは仕方ないとしても、出来れば一刻も早く回復したいと願います。

病院の「薬」や「手術」も大事ですが、何よりも大事になってくるのが、薬や手術が最大限に効果を発揮出来る体質にしておくことです。

病気の予防のためにも、私がオススメしていることの1つに、毎日の「お味噌汁」があります。

せめて、1日に1食は日本古来の「お味噌汁」を食べてください。

病気になりがちなご家庭には、様々な特有の習慣や体質がありましたが、健康なご家庭には、ほとんどすべてのご家庭で、毎日「お味噌汁」を食べていました。

どうも「お味噌汁」には、健康を保つ秘訣がありそうです。

味噌は、日本人の食物の「かなめ」なのです。

どうか健康な一生を送りたい方々は、毎日の「お味噌汁」と云う習慣をオススメします!

 

 

 

 

海

夏を利用して健康増進

海夏は、健康を向上させる最適な季節なんです。

それは外気温が高いために、とにかく汗を沢山かくことが出来るからです。

夏バテ」と云う言葉はありますが、冬バテや春バテや秋バテと云う言葉は使用しません。

この「夏バテ」を防ぐためには、十分な水分補給と十分な栄養補給と十分な睡眠時間の確保が大切です。

汗をかくことで、人体は体温調整や様々な新陳代謝が活発となります。

つまり、夏は身体の入れ替えをするには、一番最適な季節だと云うことになります。

しかし、現代人は文明の恩恵にて、空調をコントロールすることが近年可能になりました。

せっかくのチャンスを、このエアコンなどの空調によって、人体の体温調節機能などが使われない人も少なくありません。

以前に比べて「熱中症」の方々が増えているのも、自らの体温調節機能が衰えたことも原因の1つです。

対策としては、温泉やお風呂にゆっくりと浸かるのもオススメです。

1日中クーラーの中で仕事をしている方は、身体が冷え切っているために、末梢の血管や神経を緩める方法の1つです。

運動するなら、朝方や夕方の比較的涼しい時間帯がオススメです。

水分補給や食事や間食についての注意事項としては、①冷たいもの②甘いものは控えることが肝要です。

まだまだいろいろとありますが、夏場はとにかく汗をかくことがオススメです。

身体の芯から、溜まった老廃物を排出することを心掛けてみてください。

夏場の疲れは秋に出ますので、十分な養生をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

健康寿命を延ばす4つの心得

失ってから解るのが健康のありがたさですが、失ってから取り戻すには倍の時間と労力と費用がかかります。

何気なく1日3回の食事や、何気なくお腹が空いたので食べる位では、健康を維持していくことは難しいです。

若い時にはまだ何とかなるようですが、60歳を過ぎるとそう思うようにはいきません。

更には75歳を超えてくると、健康寿命の貯金が少ない方から、医療機関や福祉施設のお世話になります。

特に85歳を超えると、あっと言う間に身体が思うように動かなくなります。

健康寿命を延ばす為には、①まずは死ぬまで元気でいることを決意すること②十分な栄養を摂る事③身体活動量増やし、筋力の維持に努めること④持病や疾病は、出来るだけ改善しておくことの4つが重要となります。

現在の日本の医療では、まだまだ「薬」に頼っていて、「薬漬け」の状態になっています。

農業でも同じですが、大地に「薬」や「化学肥料」などを過剰に与えていると、土が痩せてしまい収穫量は大きく減ってしまいます。

人間の身体も、ある意味「土」と一緒ですので、出来る限り自然に近い方が良いように思います。

健康を推進していく中で、心掛けていることは、出来る限り努力しないで健康作りが出来ることを指導すると云うことです。

心身共に健康な状態こそ、一番の幸せです。

明日もまた、健康の啓蒙活動を推進していきます。

夏バテ予防

毎日暑い日が続いていますが、如何お過ごしでしょうか?

冬と違って、夏には「夏バテ」が存在します。

特に昨今では、室内温度を調整出来る「エアコン」や「クーラー」の普及により、室内と室外の温度差の急激な変化に肉体はさらされています。

快適な空間は、とても良い事のように見えますが、人体にとっては体温調節機能が衰える原因の1つになっています。

出来るだけ夏は「汗」をドンドンかいて、体内毒素の排出や、水分の循環や入れ替えがスムーズに行われることが望ましいように思います。

夏バテの予防には、昔から「よく食べて」「よく寝る」ことが重要となります。

甘いものや冷たいものは、出来るだけ控えて、普段よりはモリモリ食べることを心掛けてください。

※胃腸の弱い方は、特に甘いものと冷たいものの摂り過ぎには、十分にご注意ください。

昼食後は、20分くらい横になると午後からの活力は違ってきます。

必要に応じて、ドラッグストアなどにある栄養剤などを活用することも良いです。

水分補給については、基本中の基本です。

1日2ℓを目安に、こまめにチビチビと飲用してください。

健康になるため、もしくは、健康を取り戻したい方には、「夏場」は絶好のチャンスの季節となります。

必然的に体内の代謝が向上する力を利用して、良い水分補給や質の高い食事をして、肉体を作り変えてください。

万が一、「夏バテ」になってしまった場合には、とにかく「休養」が一番のお薬となります。

夏バテはとてもキツイので、夏バテにならないように、「よく食べて」「よく寝る」ことをお忘れなく!

更に、この時期にドンドン「汗」をかくことは、最も良い健康法となります。