日本人の食性

1年間365日毎日食べられる食べ物を、その方の食性と云います。

国によって、人種によって、その食性は異なります。

現代の日本ではありがたい事に、その国に行かなくても、それぞれの国の料理を戴くことが可能です。

日本の国土は海に囲まれた島国になりますが、他の国とは明確に違うことは、四季があって単一民族での悠久の歴史があると云う事でしょう。

歴史的には貝や魚や獣などの狩猟採集から始まり、農耕文化が伝わってからは、田畑より定期的な農作物の収穫が有りました。

私達の身体は、個人であっても過去の歴史がしっかりと根付いていて、何万ものご先祖様の遺伝子を受け継いできています。

高齢になればなるほど、必ずご先祖様の誰かに似てくることもその1つになります。

日本人の食性は、基本的には「米」と「味噌汁」と「お漬物」になります。

しかし、現代では色んな選択肢も増えたこともあって、それだけにはとどまらない方もいらっしゃいます。

その場合の考え方は、基本的に成人になるまで、もしくは18歳になるまでに、基本的に毎日食べていた食べ物があなたに合った食性となります。

現代の高齢者に病気が多い原因の1つには、自分に合った適切な食べ物を摂取していないと云うことも有ります。

人体の構造上、食べ物を食べる→ブドウ糖やアミノ酸へ分解→代謝(燃焼)→熱エネルギー(活性)へと変換していくわけです。

この生体反応の過程は、生まれてから死ぬまで変わりません。

例えば、日本で生まれたら自然と日本語を話せますが、60歳から外国語を学んでも日本語と同じように話すことは難しいでしょう。

もちろん例外もありますが、基本的には長い期間かけて作られた生体の反応効率は、小さい頃から自然に入れているものに勝ち目は有りません。

健康を維持していくなら、最新の栄養素を摂り入れるのも良いですが、出来るだけ自分の食性に合った食べ物を選択することが肝要です。

肉体が分解出来ないものを、身体に摂りこむと思わぬ病気の種を作り出す可能性が高いです。

現代の海洋において、最も重要な問題の1つに「マイクロプラスチック」が有ります。

石油から作りだした、腐敗しない万能プラスチックです。

お買い物袋やペットボトルなど様々なプラスチック類が、海に流されて海洋ゴミになっています。

プラスチックの特性は、水や土では分解出来ないことにあります。

もちろん、海洋の動植物や人間でも体内で分解することは出来ません。

私の知る限り、プラスチックを分解するには「火」しかありません。

食物連鎖の頂点に立っている人間は、いづれはマイクロプラスチックを含んだ魚介類を摂りこむこととなるでしょう。

自分の肉体が上手に分解出来る食べ物を摂取していくことが、健康を維持していく上では特に重要な事になります。

 

 

 

 

病は気から

元気な高齢者も多いですが、一口に元気と言っていても病気が全く無い元気と云うのは、私の知る限りほとんどと云っていいくらい存在していません。

皆さんそれぞれに、必ず何かの不具合を持って生きています。

有名なお医者様や健康の指導者や、元気はつらつに元気に見えている方で有っても、必ず何かしらの大小関わらずに何か不具合が有ります。

不具合が有るのに、何故に元気に見えるのかは、その方の考え方や価値観や死生観によって大きく変わるように思います。

いくら不具合が生じても、適切に対処して、命に支障が無い限り、精一杯に命を燃やそうとしている後ろ姿に元気さを感じているようです。

反対に悲観的に思い悩んでも、解決できない不具合に付き合っていては、暗くなっていくばかりです。

あなたのその問題を、いとも簡単に解決出来る人や薬や方法は、今の世の中には必ず存在しています。

しかし、その方やそのやり方に出会う為には、必ず「ご縁」が必要となります。

そのご縁にいかにして出会うかと云うことが、その方の生き方になってくるでしょう。

元気な方々は総じてその良縁に恵まれて、人生を謳歌されていらっしゃいます。

自分に合った良い先生との出会いや良いお薬との出会いや、新しく開発された方法や解決のヒントや糸口などは、人との出会いによってしかもたらされません。

今の困難な問題や肉体の不具合の事を忘れろとは言いませんが、それが起こる前と後では大きく人生が変わることになってしまっても、それぞれの希望の道を歩いていくことをお勧めします。

病気になったりすることは、残念ですが仕方は有りません。

死ぬまでピカピカの肉体でいたい所ですが、そうもいきません。

肉体には限りが有りますし、若いうちの苦労や疲労も必ず蓄積して、それが不具合の種になります。

車や家なら、買い替えたり建て替えたりも出来ますが、人間の身体は一生物で一品物です。

大切にしていくしか方法は、有りません。

昔に比べて、遥かに長く生きれる時代になったからこそ、長持ちさせる術をそれぞれが勉強しなければならない時代になりましたが、家庭環境の変化によって学ぶ機会が随分と減ってしまいました。

昔なら3世代や4世代で暮らしていましたので、祖父母や年長者などから健康面の事なども含めた人生指導が必然的に有りました。

最終的に人間と云う生き物は、1人では生活してはいけない動物です。

産まれて来る時にも、死ぬときにも人手は多いほうがベストです。

定期的な健診や人間ドックなど、今や様々な形で自分の健康度合を測定出来るサービスが世の中には溢れています。

早期発見や早期治療よりも、早期予防を心掛けて真の元気を目指してください。

 

 

 

 

 

慢性便秘

加齢に伴って高齢者では大腸の動きが悪くなって、便の大腸通過時間も長くなって便秘になる方が増加しています。

また、便意の感覚も無くなってくるのが特徴になります。

食べたら出す事が、健康の基本になります。

どんなに栄養の有る食物を食べていても、体内で分解して吸収して排泄までのプロセスが順調に行かないと、命に関わってきます。

何日も体内に滞留させておくことは、身体にとっては「毒」以外に何ものでも有りません。

特に病気の時に、便秘をしていると要注意です。

速やかに排泄する事が、望ましいことになります。

高齢者になると、病院のお薬を使われる方が多いですが、若いうちから自然な排便を継続出来たら問題有りません。

短期であればお薬を使用することもやむを得ないですが、長期間の便秘薬の服用はお勧め出来ません。

今までの経験では、ある物を毎日少しでも食べると良い結果になる食品が有ります。

それは、「大根」です。

昔からお腹の薬として、親しまれてきました。

干し大根や大便おろしなどを利用して、毎日少しずつでもお召し上がることをお勧めします。

毎日の切な便りを受け取れるように、毎日の快便快調の喜びを味わってください。

 

 

高齢者の医療費

70歳未満の患者負担割合は、現行では3割です。

これが一般的な所得の方なら70歳から74歳は原則2割負担で、75歳以上は1割となります。

但し、70歳以上でも現役世代並みの所得がある人は、3割負担となります。

現役世代並みの所得というのは、世帯に課税所得者が145万以上の人が居て、なお且つ単身では年収383万円以上、世帯では年収の合計が520万円以上などの場合になります。

70歳以上の1人当たりの年間医療費(2015年度)は約84万円になっていて、70歳未満と比べて4倍以上の差が有ります。

75歳以上では約92万9千円かかっていますので、患者負担が3割と2割や1割では大きく違います。

今後益々高齢者の人口比率が上がってきていますので、医療費の高騰を避ける事は出来ません。

医療費の負担比率は、細分化されて上がることは間違い有りません。

加齢によって病気がちになることはやむを得ませんが、だからといってこのままだと日本は医療費だけで潰れてしまいます。

出来るだけ元気な高齢者を多くしていく事が、解決策です。

病気にならないように、「予防」が一番大切です。

健康寿命を延ばす事が、何よりも社会貢献になります。

健康になるためには、それぞれに合った適切な方法で行動することが最も重要です。

私達の会社では、その健康活動を広める活動を地道にしております。

 

血液の危機

皆様へお勧めしています「献血」ですが、私は150回目の献血を済ませて来ました。

血液は未だ人工的に作る事が出来ませんので、血液製剤は「献血」された血液を原資として作製されています。

赤血球製剤は21日間、血漿製剤は1年間、血小板製剤は4日間の保存期間が定められています。

どれも生きている細胞が入っていますので、長期間の保存には向いていません。

日本の超高齢少子化社会の中で、医療機関での手術件数は増加の一途を辿っていて、手術などに欠かせない多くの輸血用血液も需要と供給バランスが崩れてくるのは、目に見えています。

10代や20代の献血者も減ってきていますが、何よりも若者世代の絶対数が少なくなって来ていることに加えて、そもそも「献血」が出来るだけの体力不足も深刻な社会問題になってくるでしょう。

それに加えて災害時には突発的な手術なども多く、今まで以上に「血液のストック」も重要になってきますが、前述した通り保存期間が短く、人工的に作製する事が出来ない現状では、定期的な「献血」に頼る他は有りません。

臓器移植と云うものが有りますが、日本では倫理的な問題なども有って、世界の医療から比べると臓器移植の症例数はまだまだ少ないです。

臓器と云うと、単純に五臓六腑や骨髄などをイメージされると思います。

しかし、「血液」も立派な臓器の一部になりますので、私見ですが誰もが気軽に出来る臓器移植ではないかと思います。

命はどれも尊いものです。

助かる命は、助けてあげたいです。

これからは、自分と誰かを助ける気持ちを多くの若い世代に伝えていこうと思います。

献血も150回を終えて、献血が出来るだけの健康体で有る喜びと、これからも地道に人助けをしていきます。