認知症予備軍 MCI

65歳以上の高齢者で認知症になる人は、2030年には830万人、2060年には1,154万人と推計されています。

軽度認知障害をMCIと云いますが、認知症の一歩手前の状態です。

MCIは、認知症予備軍となります。

軽度認知障害(MCI)の段階で、適切に対応することが出来れば、健常者に戻る可能性が高く、もしくは認知症の発症を遅らせる事も可能となります。

軽度認知障害(MCI)の状態は、多少の物忘れなどがあるものの、日常生活をおくる上では特に支障は有りません。

毎日一緒に生活をしている同居家族では、その軽度認知障害(MCI)やその兆候の変化に気付くことはほとんど有りません。

時々会う家族や友人や知人だとその兆候に気付く可能性は有りますが、それでも問題視される事は無いでしょう。

しかし最近分かってきた事では、この軽度認知障害(MCI)の段階での対応が非常に重要だという事が分かってきました。

それは、軽度認知障害までなら本人もまだ自覚があり認知機能もまだ有りますので、健常者へ引き返すことも十二分に可能性が有るからです。

軽度認知障害(MCI)を放置しておくと、認知機能はドンドン低下していきます。

健常者⇨軽度認知障害(MCI)⇨中度認知障害⇨重度認知障害

軽度認知障害(MCI)から認知症へ移行する割合は、1年で10%、5年目には40%の人が認知症を発症する事が分かっています。

これまでの研究ではMCIと診断された後、26%が健常者へと回復する事が分かってきした。

大切な事は、早目に軽度認知障害(MCI)に気付いて対策を行って、認知症への移行を防ぐことになります。

 

 

 

 

 

 

 

健康体質と病気体質

新しい年が始まって、皆平等に歳を重ねていきます。

特に60歳を過ぎると、年月(としつき)の速さが一段と増していきます。

年々、身体が衰えていく人と、逆に若々しくなっていく人がいます。

年齢とはすべての人が平等に重ねていくものですが、実は相対年齢であって絶対年齢では有りません。

60歳の方も、80歳の方も、100歳の方も、気持ち(精神)だけは若い時代のまま肉体だけが変化しているのです。

生老病死とは仏教における苦の分類の中の四苦になりますが、人間の根源的な苦悩になります。

60歳以上になると、多くの方々がこの生老病死と云うものを実際に体験していく事になります。

しかし、私のこれまでの経験上では、すべての方々がそれに当てはまる訳では無いことが分かってきました。

例えば、癌は日本人の2人に1人が罹る時代になりましたが、癌になりやすい人となりにくい人がいる事も事実なのです。

健康になりやすい人もいれば、どんなに努力しても健康になりにくい人もいます。

しかし、健康になりにくい人でも、長く生きる人もいます。

若い頃から健康優良児でも、早期に亡くなってしまう人もいるのです。

敢えて違いがあるとすれば、血行の良しあしが要になります。

特に、末梢血管は重要な部位になります。

手足の冷えは、要注意です。

これからも健康寿命を延ばす事を推進していきますが、それそれがそれぞれに合ったやり方で、健康の習慣を身に付けて、健康体質の方へ近づくように探求して参ります。

 

 

 

脳卒中注意報

秋から冬に季節が、ダイナミックに変わります。

朝晩の冷え込みが厳しくなって来る時期には、特に注意が必要です。

冬に対応出来る身体にまだなりきれていませんので、毛細血管や自律神経やホルモンのバランスなどが崩れてしまいます。

いつもと同じように行動していると、身体の疲れや眠気やだるさなど、身体の疲れの諸症状が出てきます。

特にこの時期の頭痛は、要注意です。

この頭痛を感じたら、まずは血圧測定をして普段の血圧との違いを測定してください。

普段よりも血圧の値が違う場合には、出来るだけ速やかに医療機関に行きましょう。

転ばぬ先の杖ですので、甘く見てはいけません。

ほとんどの病気の原因は、自分自身の過信と油断になります。

健康寿命を延ばす為には、出来るだけ日頃からの養生が重要になります。

 

風邪の治し方

寒くなって来るこの季節になると、最も気を付けておかなければならないのは「風邪」です。

昔から風邪は万病のもとと云われているくらい、危険な病の一つです。

インフルエンザなどの感染症も同じような症状が現れますが、風邪はまた異なる原因で起こります。

鼻や口や咽頭より細菌が入って、ゆっくりと体内で増殖していきます。

体力や免疫力が強い場合にはいつの間にか完治しますが、体力的に疲れたり、睡眠不足が続いて体力が低下して免疫が下がると、風邪をひきやすくなります。

特に、身体に「寒が入る」と要注意です。

汗をかいた後の始末は、しっかりとする事です。

初期症状は、鼻水や咳や喉の痛みになります。

悪化してくると、「悪寒」がする「熱」が出ることになります。

最近の傾向では、早期にお薬などを服用して熱を下げるようです。

40度以上の熱が何日も続くようでは危険な状態になりますので、やむを得ない場合もあると思います。

私の場合には、もっぱら寝ることに集中します。

すると熱がパーッと上がって、汗をドバっとかいておしまいです。

昔ならではの風邪の効用で、身体の中を一斉に大掃除という感じでしょうか。

人それぞれの治し方もございますし、選択肢も沢山有りますので、どれでも良いのですが、風邪との付き合い方は、高齢者にとってはとても重要な事です。

風邪の後は、リンゴの搾り汁や梅干しと生姜の白湯が最もオススメです。

風邪は万病のもとでもありますが、風邪の効用もある程度は利用して、健康寿命を延ばすようにしてみてください。

 

 

電気の足りない身体

水と電気は生活していく上ではなくてはならない最重要なものですが、意外と普通の生活ではあまり考えない代物です。

しかし、台風や自然災害などの発生時において、何よりも優先されるのが、水と電気の復旧になります。

我々の身体も同じように、究極な話し「水」と「電気」を循環させながら動いております。

水を飲むだけで元気ピンピンになる事は有りませんが、水が無ければ干からびて死んでしまうのも事実です。

水と同様に大事な働きをしているのは、「電気」になります。

マイナスイオンやプラスイオンという言葉は、聞いたことがあると思いますが、酸素を上手に活用している我々にとって、「酸化」と「還元」の話しは切っても切れない関係が有ります。

病気の原因は、「活性酸素」になります。

紫外線や薬物(食品添加物も含む)、排気ガスやストレス、食事や運動などからも、活性酸素が少しずつ蓄積されていきます。

加齢に伴う、老化も立派な「酸化」となります。

逆に若返ることを、「還元」と云います。

酸化する=電子を奪う

還元する=電子を与える

大自然や滝の近くの空気はとても気持ちが良いですが、マイナスイオンが多い場所では細胞の活性化がみられます。

昔の車の燃料は化石燃料(ガソリン・軽油)でしたが、現代の車は「電気」もしくは、「電気」と「ガソリン」の混合が多くなってきました。

走りながら電気を蓄えることもしますし、交互に使用して燃費を延ばす働きが有ります。

我々も動物である以上は、動きながら燃料を燃やしています。

その燃料は食事から摂取された栄養になりますが、食事や呼吸からは「電子」を多く貰っているのです。

その電子がどこに使われているかは、その電子の種類によって異なります。

健康や病気にも、多くの電子が関わっています。

身体にとって必要な電子を与えると、肉体の細胞は正常な働きを始めます。

細胞が正常に作動し始めると、自然と元の状態に戻っていきます。

環境悪化や社会構造の変化の中で、健康と云う資産をいかに維持増進させるかは、永遠のテーマになってくるでしょう。

加齢に伴って蓄電する能力や生産する能力が低下する中で、どのような取り組みをしていくかは、大きな取り組みの1つになります。

私達の会社の取り扱っている電子補充療法の治療器は、これからの超高齢社会の中で益々必要になります。