軟水と硬水

カルシウムとマグネシウムの含有量が多い水が硬水(こうすい)で、少ない水が軟水(なんすい)になります。

日本の多くの地域は軟水になりますが、沖縄県の多くの地域は硬水が多いです。

13年前に沖縄県の久米島に初めて仕事に行った時に、飲用した水の感覚は文字通りに「硬い」と云うに相応しく、軟水に慣れていた私にとっては決して美味しい水では有りませんでした。

しかし、徐々に身体が慣れてくると、硬水の良さも感じるようになりました。

沖縄の離島に滞在すればするほど、骨格が強く骨密度が向上するように思いました。

私見ですが、健康長寿を目指すなら硬水の方が良いのではないかと思います。

日本の多くはシラス台地ですが、沖縄県の多くはサンゴ礁が隆起して大地が形成しているお陰も有って、カルシウム分が多いです。

硬水のデメリットが有るとすれば、洗濯や洗髪などの石鹸を使用する際の泡立ちの悪さや、ヤカンや鍋などにカルシウムがこびりついてしまう事などはあります。

人体にとって、水は必要不可欠なものです。

身体に合わない水は、体調不良を引き起こしてしまいます。

北海道と沖縄の海の魚の違いが有るように、その土地や空気や水に合わないと、体調を崩してしまいます。

意外と見逃しがちですが、最近体調不良を感じている方々は、元々の馴染んでいた水を身体に取り入れていない場合が多いです。

最近では、ペットボトルや通信販売などで、手軽に名水や温泉水が手に入ります。

しかし、人体にとって一番大切な事は、親水性がある水を体内に保持する事になります。

小さい頃に住んでいた水などを試すことも、健康への第一歩になります。

良い水とは、幼少期から20歳までに飲んでいた水が良いと思います。

身体が欲する、本当に美味しい水を探求してください。

 

 

 

 

健康長寿

人は誰もが、歳を重ねて生きています。

いつの間にか、老人になっています。

体の衰えを少しずつは感じながらも、時間の過ぎる速さと共に、鏡に映る自分の姿は変化していきます。

鏡に映る姿は肉体のみですが、気持ちも徐々に衰えていきます。

1年後、3年後、5年後、10年後は必ずやってきます。

超高齢社会の中で生きていく現代人において、健康長寿を延ばす事は必要不可欠です。

そのためには高齢者の疾患を減らす事が、絶対条件になります。

高齢者の疾患でも、「脳の病気」は特に避けなければなりません。

肉体の衰えに対しては、様々な改善方法が存在しています。

しかし、「脳の病気」に対して現代医療では未だ対処が出来ていません。

親族に既往歴が有る方は要注意ですが、その他の方々も今のうちに、「脳の病気」に対しての予防が必要な時代です。

①良質な睡眠時間を確保する事。

②脳に良い良質な脂の摂取。

③良質なストレス解消を持つ事。

④よく噛む事。

⑤時には「脳ドック」を受診する事。

 

 

夏の疲れは、秋に出る!

殺人的暑さとは、良く言ったものです。

確かに昨年までと比べて、今年の暑さは長続きしています。

暑さの質も量も、以前よりパワーアップしていることは間違いありません。

人体の構造上、寒さよりも暑さには弱いです。

極寒の地にでも登山したり宿泊する事は可能ですが、酷暑の中でのマラソンや野宿は不可能に近いです。

一般的なマラソン大会が冬場に多いのも、体温調節を考慮してのことになります。

人体は、誰もが一定の体温に保たれていて活動をしている恒温動物になります。

車のオーバーヒートと同じ様に、気温や体温の変化には注意が必要です。

夏バテをしている人と、夏バテをしない人には大きな違いが有ります。

こんな猛暑であっても、日中の一番暑い中、外でバリバリとお仕事をしている人達がいます。

この方々は、対策もしっかりしていらっしゃると思いますが、一番の違いは「汗のかき方」にあります。

「汗を良くかける方」と「汗をかけない方」には、雲泥の差が存在しています。

体温の調節機能を利用して老廃物の排出も同時に行っていて、健康にとても良い体内環境を積極的に構築しています。

逆に、夏バテをする方の特徴としては、

①汗をあまりかけない又は、あまりかかない生活をしている。

②甘いものや冷たいものを取り過ぎる。

③食事が十分でない。

④睡眠時間が、十分でない。

⑤胃腸が、虚弱である。

上記の他にもあるとは思いますが、夏バテを予防するには、よく食べる事とよく寝ることが肝要です。

特に、夏の疲れは必ず秋に出ますので注意が必要です。

疲れは蓄積しますので、十分なリカバリーが必要になります。

季節の変わり目に、原因不明の病気が多いのはその為です。

健康の貯金が沢山有る方なら良いですが、健康の負債が続くようなら病気になります。

健康の貯金を殖やす為に、自分に合った健康活動を毎日実践しましょう。

 

 

 

 

 

 

脳の仕組みと認知症

大脳は機能別に前頭葉・前頂葉・後頭葉・側頭葉の4つに分けられます。

中でも思考力や判断力、創造力を司り、脳全体の司令塔の役割を果たしているのが「前頭葉」。

年齢を重ねるとその前頭葉を中心に脳全体の神経細胞が少しずつ脱落して、わずかに萎縮して、物忘れなどが増え始めます。

これが、脳の老化です。

通常、人間は大脳の3分の1しか使っていないと云われています。

ですから年齢と共に脳が萎縮しても、使っていない部分を鍛えれば、脳はいくつになっても成長します。

特に前頭葉が活発になると脳全体が元気になるので、日常生活の中で前頭葉に刺激を与える脳トレ取り入れることが大切です。

脳の老化による物忘れは、ヒントがあれば思い出すことができ、本人に自覚があるのが特徴です。

一方、アルツハイマー型認知症の場合は、記憶の中枢である「海馬」が破壊された後に頭頂葉や前頭葉の萎縮が始まるため、本人に物忘れの自覚がなく、生活に支障を来します。

自覚があるのかどうかが、見分ける鍵となります。

認知症が進行した場合には、ほとんどのご家庭では施設の入所が選択肢の1つとなります。

初期の認知症のまま推移する事が出来れば、在宅にて介護療養をすることも可能です。

まずは認知症にならないように、若いうちから脳の鍛錬は欠かせません。

万が一、認知症になってしまったら、進行を遅らせるようにするしか有りません。

認知症と癌は、毎日の予防が一番効果的です。

脳神経細胞は死ぬまで成長しますので、いくつになっても鍛えれば成長します。

 

痔を予防するための10のポイント

痔は、症状がある人だけでも成人の半数以上いると云われています。

悩んでいるのは、あなただけではありません。

痔は、主に3つのタイプに大きく分けられます。

①痔核(じかく)➡肛門にいぼが出来る(いぼ痔)。内痔核と外痔核があります。

②裂肛(れっこう)➡肛門の皮膚が切れる(切れ痔・裂け痔)。

③痔ろう➡肛門に膿のトンネルが出来る。

痔の3タイプのうち最も多い痔は痔核(いぼ痔)で、男女とも痔疾患の半数以上を占めています。

しかし、2番目に多い痔は、男性は痔ろう、女性は裂肛と男女で異なります。

男性に痔ろうが多い理由は不明ですが、女性に裂肛が多いのは、男性に比べて便秘がちな方が多い事と関係があると云われています。

★痔を予防するための10のポイント

①出来るだけ毎日お風呂に浸かって、肛門の周りの筋肉をほぐして血流を良くしましょう。

②おしりをいつも清潔に保ち、菌の繁殖を防ぎましょう。

③便秘にならないように、食事や運動に工夫しましょう。

④下痢をしないように、お腹を冷やしたり、合わない食べ物には気を付けましょう。

⑤排便の時には無理にいきまないように、こまめな排泄を心掛けましょう。

⑥お尻や下腹部を冷やさないように、注意しましょう。

⑦長時間、同じ姿勢を続けないようにしましょう。

⑧長いドライブは、避けましょう。

⑨アルコール、刺激物は出来るだけ控えましょう。

⑩専門医に相談して、正しい診断を受けましょう。

 

トイレの後、便器や大便に潜血が見られた場合には、出来るだけ早めに専門医を探してください。

ドラッグストアのお薬や市販薬を試す方が多いですが、専門医に早く行く方が大事に至らないのです。

しかも、驚くほど早期に治癒します。

全ての悩みや困りごとの解決には、適切な診断が出来る良い先生との出会いでほとんどの問題は解決します。

痔かな?と思ったら、近くの良い専門医を探しておいてください。